2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ビッグ・アイズ」 | トップページ | 「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」 »

2015年1月27日 (火)

「ANNIE/アニー」

Aninie  大ヒットブロードウェイミュージカルと言われながらも、多くの人が知るのは1982年に日本公開された映画であり、その映画でさえも「E.T.」が同時期に公開されていたので、実際に観にいった人は極めて少ない。
 結局、ミュージカルとして認識されたのは、猪木の娘が主役に抜擢されてワイドショーに取り上げられた時かもしれない。
 一応、毎年ミュージカルの方は主役を変えながら継続している。
 そして、テレビ番組とかつての映画のリメイクは「アニー」にも及んでしまった。
 ぶっちゃけ、今更感が強い。
 さらに予告編が何故か平井堅ばっかりだ。
 日本版イメージソングかどうか知らないが、全く微塵も伝わらない。
 逆に観る気をなくさせる。
 そもそも昔からイメージソングは映画会社が思うほど効果はなく、むしろ顰蹙を買うことの方が多い。
 ところが、面白くなる要素がなさそうなのに、これが意外に面白い!
 極めてハードルが低かったことを差し引いても悪くないのだ。
 21世紀に復活させるにおいて、1982年版と大きく違うのは、アニーが黒人になていること。
 オバマになってから黒人前面推しの映画が多いのが、ある意味、主人公の人種を変えてしまうのは、最大の変化だろう。
 さらに21世紀が舞台であるだけあって、通信会社の大金持ちとか出てきて、それが後に伏線として生きてくることになる。
 正直、いきなり歌い出すミュージカルは好きでない自分だが、この映画の場合、歌と映像のシンクロを効果的に行っているため、テンポよくメリハリがあって良い。
 黒人主役なので歌はストリート系っぽくなっているのも逆に新鮮かな。
 主演は「ハッシュパピー~バスタブ島の少女~」のクヮヴェンジャネ・ウォレス。
 本当はウィル・スミスが自分の子供のために企画したものだったらしいが、どんだけ親バカなんだよ。
 共演はジェイミー・フォックスとキャメロン・ディアス。
 キャメロン・ディアスの相変わらずの怪演は見事!
 監督は「ステイ・フレンズ」のウィル・グラック。
 ミュージカル映画で日本語版もどうよ?と思ったが、歌の部分は日本語字幕で、これはこれでありだと思う。
 ディズニーだったら歌も日本語だったかも。
 日本語版のキャメロン・ディアスの「なんじゃい」のセリフが笑いを取ってました。

« 「ビッグ・アイズ」 | トップページ | 「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/61041430

この記事へのトラックバック一覧です: 「ANNIE/アニー」:

« 「ビッグ・アイズ」 | トップページ | 「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」 »