2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2014年のダメ映画 | トップページ | 「シン・シティ 復讐の女神」 »

2015年1月 4日 (日)

2014年映画雑感

 ベストテンにも入らないし、ダメ映画でもないけれど、ちょっと自分に残る映画を羅列。
 
 「大脱出」
 シュワちゃんとスライの競演も当たり前になってきた。
 やっぱり80年代にやってほしかったな。

 「エンダーのゲーム」
 学校カーストをSFに持ち込んで面白い。

 「なんちゃって家族」
 いやもうこれタイトルが傑作!
 映画もなかなかの良作だった。

 「LEGO(R)ムービー」
 スター・ウォーズの新作前にミレニアム・ファルコンの勇姿が拝めるとは。
 
 「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」
 正統派スペオペだよ。
 
 「荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~」
 ネタは相変わらずだけど西部劇の基本はおさえてるんだよね。
 
 「メビウス」
 セリフなし
 チンポなし。
 ちょっと過激な韓国サイレント映画って感じで面白い。

 「ベイマックス」
 宣伝の仕方は詐欺スレスレだけど、ディズニー版アメコミは意外に王道だった。

 「神奈川芸術大学映像学科研究室」
 社会人目線だと他人事じゃない。
 
 
 「たまこラブストーリー」
 TVシリーズがあまり面白くなかったのだが、映画は面白い。
 鳥がいないだけで随分違うんだな。

 
 「超高速!参勤交代」
 時間と金もない中でいかに参勤交代をするか?
 「隠し砦の三悪人」をユルくした感じで面白い。

 「ホットロード」
 え~今更?と思ったが時代をボカしてうまく映画化。

 「イン・ザ・ヒーロー」
 福士君をもっと前面に出して宣伝しなくてはダメでしょ。

 「近キョリ恋愛」
 壁ドンばっかり話題だけど、教師と生徒の恋愛を意外に真面目につきつめている。

 全体的に日本映画の場合、漫画の映画化が今年は微妙なものが多く、それなりに面白いのもあるけど、「月曜ドラマランド」の劇場版が多いかな。
 あと、2週間限定の劇場公開&同時にBlu-rayとネット配信は果たして映画の扱いかどうかは難しい。
 ライブビューイングとかね。
 

« 2014年のダメ映画 | トップページ | 「シン・シティ 復讐の女神」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年映画雑感:

« 2014年のダメ映画 | トップページ | 「シン・シティ 復讐の女神」 »