2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「イコライザー」 | トップページ | 「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」 »

2014年10月26日 (日)

「ヘラクレス」

Hera  同じ時期にヘラクレスの映画が2本もあったので混乱しちゃったよ。
 というか、ディズニーのアニメもあってどんだけ、ヘラクレスが好きなんだよ。
 まあ古典といえば、古典なので色々な表現があって良いと思うのだけど、ちょっと食傷気味なのは否定できない。
 ヘラクレスといえば、神と人間の間に生まれた半神であり、12の難業を成し遂げた英雄だ。
 そういえば、アガサ・クリスティーの小説に「ヘラクレスの冒険」というのがあったのを思い出す。
 ヘラクレスのフランス語読みがエルキュールということを、その時初めて知ったわけだ。
 ポアロがヘラクレスの冒険にあやかって、12の事件を解決していく短編だ。
 ヘラクレス=12の難業がメインであり、当然映画もそれがメインとなると思っていた。
 しかし、この映画はそんな定番ネタをメインにしていない。
 ヘラクレスは人間であり、数々の偉業は彼と仲間達によるものだったのだ。
 つまりチーム・ヘラクレスというわけであり、数々の話が尾鰭がついて物凄い伝説になっていったというわけだ。
 そして、一番のメインであろう12の冒険は既に過去のもので思い出として出てくるくらい。
 つまり、予告編はそれをメインっぽく見せるハッタリだったわけやね。
 しかし、この新しい解釈は面白く、意外に広いものだった。
 主演は「ワイルド・スピード EURO MISSION」のザ・ロックことドウェイン・ジョンソン。
 正直、ヘラクレスは人間だとかいいながら、物凄い力業いや神業を披露。
 これもロック様の筋肉があってこそかな。
 監督は「ラッシュアワー」のブレット・ラトナー。
 もう細かいことはええんだよ……というような展開であり、それは認める。
 3Dは途中からあまり意味がないので2DでもOKかな。
 最後のエンドクレジットがチーム・ヘラクレスの活躍を表しているので最後まで帰らないように。

« 「イコライザー」 | トップページ | 「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/60547843

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヘラクレス」:

« 「イコライザー」 | トップページ | 「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」 »