2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ふしぎな岬の物語」 | トップページ | 「泣く男」 »

2014年10月18日 (土)

「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」

Grace  男の夢は中出しと決まっているが、女子の夢は違う。
 映画女優かお姫様と相場が決まっている。
 そして、それを実現したのがグレース・ケリーだ。
 ハリウッド・スターからモナコ公妃という女子の夢のダブルコンポ。
 この映画はグレース・ケリーの伝記ドラマだ。
 自分はダイアナ妃とかグレース・ケリーとかの資料を集めていたリアルプリンセスマニアなので、初日の朝一で観にいきましだよ(笑)
 映画女優からモナコ皇妃に転身。
 当然、生活は馴染めない。
 さらに、夫レーニエ公とフランス大統領シャルル・ド・ゴールとの政治的対立をめぐる国家の危機。
 これをいかに何とかするか?
 実はグレース・ケリーの女としての生き様を描くだけでなく、国家存亡の危機のサスペンスもあって面白い!
 さらにはヒッチコックも出てきて、あ~そういえば「マーニー」ってあったなあ、ジブリの映画じゃなくて……という感慨に浸れるのも面白い。
 史実に忠実かどうかはともかく、リアルファンタジーのプリンセス物としてはありだと思う。
 主演はニコール・キッドマン。
 正直、本物の方が遥かに美人だけど、ちょっと劣化したコピーとしてOKかな。
 監督は「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」のオリヴィエ・ダアン。
 配給のギャガは井村屋と組んでグレース・オブ・モナカを発売して話題を作るべきだったな。
 あと切り札といっても大したもんじゃないんだけどね。

« 「ふしぎな岬の物語」 | トップページ | 「泣く男」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

クール・ビューティーと言われたグレース・ケリーを演じるニコール・キッドマンは確かに「劣化したコピー」ですよね。おもしろい表現。
オイラ、この映画まだみてませんが、そのうちみにいくつもりです。・・・ほげ・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/60513740

この記事へのトラックバック一覧です: 「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」:

« 「ふしぎな岬の物語」 | トップページ | 「泣く男」 »