2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「宇宙兄弟#0(ナンバー・ゼロ)」 | トップページ | 「ルパン三世」 »

2014年8月25日 (月)

「クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落」

The_queen_of_versailles  日本映画になくて、外国映画にあるもの。
 それは巨乳女優だ。
 日本人は痩せていて貧相だ。
 それに比べて、外国映画に出てくる女優は迫力満点。
 外国映画を観にいく理由の一つは、キュボンキュが超迫力であるからかもしれない。
 しかし、ここ最近、日本人の女の子がスタイルが良くなった反面、外国人のダイナマイトバディーがなくなってきたような気がする。
 かつて日本男子の憧れだった金髪で巨乳はもういないのか?
 そんなことを考えていて何気なく観た「クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落」のポスター。
 これ見よがしな金髪と巨乳。
 あ~これだよ。
 しかし、気になるのは彼女の横にいるじじいだ。
 一体誰?
 映画を見るとわかるが、彼は彼女の年離れた旦那だそうだ。
 ちなみに彼女はミセス・フロリダだそうだ。
 そう聞くと彼女の我が儘バディーも納得できてしまうのだ。
 ちなみに、この映画はマリー・アントワネットの話ではない。
 無一文からアメリカ屈指の大富豪に成り上がったデヴィッド・シー ゲルとその妻で元ミセス・フロリダのジャッキーが、アメリカ最大の邸宅を作るという野望を抱き、その実現のために総工費100億円を かけた大豪邸、通称“ベルサイユ”の建設に乗り出す。
 写真家兼映像作家で、この映画の監督でもあるローレン・グリーンフィールドは、2人の夢である豪邸ができるまでの様子を撮影していた。
 ところが、リーマンショックによる世界的金融危機が起こり、夫妻の莫大な資産はなくなり、1,200億円もの借金を抱えることになる。
 偶然に狙ったわけでもなく、大富豪の転落人生を記録になってしまったドキュメンタリー。
 とにかく、金持ち具合は尋常でなく、漫画に出てくるような感じの現実味のなさ。
 しかし、転落が始まると一転して容赦ない落ち目っぷり。
 あ~金持ちが貧乏になっていくのが、こんなに気持ちいいとは。
 さらに、貧乏になるから金持ち夫婦も色々と節約したりしているのだが、ハンパない金持ちだけあって、どこかズレているのが笑える。
 貧乏になっても何とか元に戻して豪邸を復活させたい。
 そのどうでもええ執念も良し。
 その姿は自分の城の修復のために働く雇われスパイ、プリンス・マルコに似たものがある。
 ちなみにミセス・フロリダの嫁さんは美人だけど、40歳回っており、日々金に物を言わせて若さを保っているみたいだ。
 巨乳も極めて不自然なのだが、常に胸の谷間を見せ続ける彼女のサービスを楽しむのなら真偽なんてどうでもいいんじゃないかな。

« 「宇宙兄弟#0(ナンバー・ゼロ)」 | トップページ | 「ルパン三世」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/60225234

この記事へのトラックバック一覧です: 「クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落」:

« 「宇宙兄弟#0(ナンバー・ゼロ)」 | トップページ | 「ルパン三世」 »