2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears」 | トップページ | 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 »

2014年7月 3日 (木)

「渇き。」

Kawaki  失踪した娘の行方を追う元刑事のロクデナシ親父。
 やがて明らかになっていくのは娘の意外な裏の顔だった…。
 
 深町秋生の小説の映画化らしいが、自分は未読。
 だから映画化に際して何をどう変更したかは全くわからないので比較しようもない。
 ただ言えることは、皆が期待しているのは
  「嫌われ松子の一生」「告白」の中島哲也なので、さぞかしスタイリッシュな映像で見せてくれるだろう…ということだろう。
 確かにイメージ映像と細かいカット割りでガシガシ見せている。
 ある意味、スタイリッシュだ。
 しかし、それが効果的であるかどうかは別だ。
 例えば、本来ならグロい話なのに、それを感じさせない「嫌われ松子の一生」や「告白」。
 今回も、失踪している娘の交流関係、薬、いじめ等グロい要素が目白押し。
 そんなどよ~んとなりそうな内容を、「告白」みたいな感じで描いてくれるものと思っている人も多いかもしれない。
 
 技に溺れる
 
 そんな言葉がぴったりだ。
 必要以上にやりすぎ。
 情報が多いのと、必要以上に混乱させるのは別だ。
 今回は時間軸の入れ替えやイメージ映像の挿入、過剰に短く細かいカット割りが混乱させるだけで効果的ではない。
 おそらく、岩井瞬二の手持ちカメラの撮影がやりすぎて気持ち悪くなったのと同様、編集で見ていて気持ち悪くなっている。
 登場人物のキャラも立っているし、話も意外な展開で面白いのに、どうしてこんな演出にしていまったのか。
 非常に残念。
 出演は元刑事でろくでもない父親の役に役所広司、
 魔性の娘役の小松菜奈(B81-W59-H85)はイマイチそこまでの魅力がないのが惜しい、
 中島哲也は、ひょっとしてこの路線でいくのだろうか?
 今回だけか、今回のを生かしてもっと違う表現にいくのか?
 期待と不安を抱えながら次回作に期待。

« 「攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears」 | トップページ | 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/59918581

この記事へのトラックバック一覧です: 「渇き。」:

« 「攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears」 | トップページ | 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 »