2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「THE NEXT GENERATION パトレイバー/第2章」 | トップページ | 「MONSTERZ モンスターズ」 »

2014年6月 1日 (日)

「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-」

Q  万能鑑定士・凜田莉子が、名画モナ・リザに隠された謎とモナ・リザをめぐる巨大な陰謀に立ち向かう。
 原作は未読。
 だから、情報は映画からのみ。
 う~ん、自分が見落としているか、理解ができないのかもしれないが、トリックのための逆算方式の脚本になっていないか?
 そもそも、、ルーヴル美術館が所蔵するモナ・リザが40年ぶりに来日、凜田莉子はルーヴルのアジア圏代理人から、警備強化のための臨時学芸員候補として推薦される。
 無事、採用テストに合格した彼女は、もう一人の合格者とモナ・リザにまつわるありとあらゆるハードな研修をこなしていくうちに体調に異変を来たし、鑑定眼までもが狂い始めていく…という話なのだが、実はこれが陰謀につながっていく。
 だけど、普通に考えて、この展開はないよなあ。
 だって、もっと簡単な方法だってあるのだから。
 「名探偵コナン」もそうだけど、この手のミステリーって決めつけばかりだし、物凄いトリックなのだけど、偶然に頼る要素が大きく、もっと簡単な方法があるのではないかと思ってしまう。
 もちろん、それを感じさせない演出だったらいいんだけどね。
 最初の方は面白かったのだけど、モナ・リザにまつわる意味不明な研修があまりにも長いのでダレダレ。
 後半にやっと物語が動き始めるのだけど、これがまたツッコミ所満載。
 ほとんどが、見た目の派手さを優先したばっかりに、不自然な展開になっているのだ。
 細かいことはネタバレになるから言わないけど、いずれにしろ色々なところで残念系なのだ。
 主演の綾瀬はるか(B88-W61-H91)は相変わらずの一本調子の演技だが、もうこれは仕方ないっつうことで。
 彼女の乳揺れに期待している人も多いと思うが、この映画にはそんなものはない。
 監督は「GANTZ」や「図書館戦争」の佐藤信介。
 この映画が面白いかどうかを鑑定する必要がありそうだな。
 でも当たったら続編、もしくはTVシリーズはありそう。
 どちらかというとテレビドラマ向きかなあ。
 あと、40年前、確かにモナ・リザ、日本に来ました。
 当時はカンカンとランラン、モナ・リザが行列の長かった上位じゃないかな。

« 「THE NEXT GENERATION パトレイバー/第2章」 | トップページ | 「MONSTERZ モンスターズ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/59744206

この記事へのトラックバック一覧です: 「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-」:

« 「THE NEXT GENERATION パトレイバー/第2章」 | トップページ | 「MONSTERZ モンスターズ」 »