2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ザ・スパイ シークレット・ライズ」 | トップページ | 「とらわれて夏」 »

2014年5月 9日 (金)

「細雪」

Sasameyuki_3  新・午前十時の映画祭で鑑賞。
 1983年の映画で東宝創立50周年記念作品だ。
 原作は、あまりにも有名な谷崎潤一郎の小説なので、今更説明は不用。
 それよりも、配役と原作の誰とどこを中心に膨らませるか気になるところだ。
 四姉妹は長女に岸恵子、次女に佐久間良子、三女に吉永小百合、四女に古手川祐子。
 相変わらず吉永小百合は実年齢から遙かに下の役を演じている。
 今だけかと思いきや、昔から同じ扱いなわけやね。
 しかし、何にもまして古手川祐子、めっちゃかわいぃぃぃ。
 若い時がこんなにかわいいとは全く思わなかった。
 もうこの映画、古手川祐子だけ満喫できればOKっすよ。
 さらに今は亡き伊丹十三の姿が…。
 そして、何よりもびっくりしたのは大杉蓮と1,2を争う脇役俳優である岸部一徳がめっちゃ若い!!
 そして、意外にかっこいい。
 公開当時も指摘されたが、明らかに浮きまくっている江本孟紀。
 変わり者の設定だけど、それって見た目の問題じゃないでしょ(笑)
 衣装協力が三松なので、これでもかというくらい着物が登場。
 宣伝効果としてはOKじゃないかな。
 市川昆の演出はいつも通りというか、ある意味絶好調で、いつものあのフォントはもちろん、細かいカット割などが堪能できる。
 今だとやたらと長いエンドロールだが、あっという間に終わったのも逆に新鮮だ。
 実はそんなに古い映画のイメージがなかったのだが、30年の月日は大きいと感じたし、こういう形で往年の映画を観るのはありだと思う。
 特に日本映画は貴重だ。

« 「ザ・スパイ シークレット・ライズ」 | トップページ | 「とらわれて夏」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/59615232

この記事へのトラックバック一覧です: 「細雪」:

« 「ザ・スパイ シークレット・ライズ」 | トップページ | 「とらわれて夏」 »