2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「鷹の爪7~女王陛下のジョブーブ~」 | トップページ | 「世界一初恋 バレンタイン編」 »

2014年4月10日 (木)

「それでも夜は明ける」

Twelve_years_a_slave 自由黒人なのに拉致られて、奴隷にされた男。
 妻や子供に会うまでの約12年間とは?

 アカデミー賞大本命と言われた「アメリカン・ハッスル」が無冠で、まさかのダークホースがこの映画だ。
 また黒人奴隷ネタかよ~と思ったけど、それだけアメリカでは根の深い話なんだろうなあ。
 かつては「ルーツ」が有名だけど、昨今オバマ政権になってから、黒人のネタが多くなった感じがするのは考えすぎか。
 実は昔は黒人=全て奴隷だと思っていたが、自由黒人なるものが存在することを知ったのはつい最近だ。
 とにかく、生々しいというか理不尽。
 見ていてえぐるように入ってくる。
 奴隷というのは物理的に自由が奪われるだけでなく、精神的にも自由を奪っていくわけやね。
 さらに実話を元にしていると聞くと、いたたまれなくなってくる。
 出演はキウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ。
 監督は「SHAME -シェイム-」のスティーヴ・マックィーン。
 さすがにもう「大脱走」のマックィーンと勘違いはしない。
 っつうか、もう俳優のマックィーンを思い出す世代はいないよな。

« 「鷹の爪7~女王陛下のジョブーブ~」 | トップページ | 「世界一初恋 バレンタイン編」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/59442264

この記事へのトラックバック一覧です: 「それでも夜は明ける」:

« 「鷹の爪7~女王陛下のジョブーブ~」 | トップページ | 「世界一初恋 バレンタイン編」 »