2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「赤×ピンク」 | トップページ | 「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」 »

2014年4月19日 (土)

「サクラサク」

Sakurasaku 大手企業で仕事こそ順調だが、家庭では妻との関係は冷え切り、2人の子どもたちともギクシャクしてしまっていた一家の主だが、さらに彼の父が老人性痴呆症となってしまう。
 バラバラとなった家族の絆を取り戻すため、一家で旅に出る…。

 さだまさしの小説を映画化。
 痴呆老人ネタの映画を観て思うことは、映画は2時間前後で終わるけど、実際は死ぬまで続くってことだな。
 だって、この手の映画って家族が一致団結して、何かしたら痴呆が少し良くなったりするわけじゃん。
 この映画だって、そうだよ。
 痴呆老人の故郷探しをしていくうちに家族の絆は深まり、痴呆がちょっと良くなったりするわけ。
 主人公は大企業の部長で役員になることが決まっているのだけど、それを投げ打ってまで家族で旅行に行ったりするわけですよ。
 実は自分も家にウィザード級の痴呆老人を抱えているんだけど、終わらないんだよね。
 映画は適当にまとめて終わるけど、実際は死ぬまで何も解決しない。
 旅行なんか行けないし、金は莫大に必要だ。
 施設に入れるにも金がいるのだ。
 いや、痴呆老人にも尊厳はあるし、家族の理解も必要なのはわかる。
 そんな簡単なものでもない。
 映画はそんな重たい展開にはならない。
 だけど、現実を知ってしまうと甘すぎて困ってしまうのだ。
 出演は緒形直人、南果歩、藤竜也。
 久しぶりに見た緒方だけど、彼がど~見てもやり手の部長に見えないのが悲しい。
 さらに南果歩の老けっぷりは役作りだと信じたい。
 藤竜也は「愛のコリーダ」の時は色々な意味でエネルギッシュだったのに、すっかり老人役。
 これも時の流れか。
 監督は「利休にたずねよ」の田中光敏。
 まあ、この映画が素直に楽しめるのなら、それは幸せだと思う。
 実際に身近に痴呆老人がいたらちょっと気分はブルーになるのは間違いなし。
 

« 「赤×ピンク」 | トップページ | 「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/59494813

この記事へのトラックバック一覧です: 「サクラサク」:

« 「赤×ピンク」 | トップページ | 「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」 »