2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」 | トップページ | 「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」 »

2014年4月30日 (水)

「ダリオ・アルジェントのドラキュラ」

Dario_argentos_dracula  そもそもファン以外にとって、ダリオ・アルジェントは「サスペリア」「デモンズ」で有名な監督でしかなく、それ以外何をしているかと聞かれても即答できない。
 しかし、ファンにとってはそれが重要であり、例えるならジョージ・ルーカスが「ハワード・ザ・ダック」とか、しょうもない映画を製作総指揮していようが、どこまでいってもスター・ウォーズを作った人であり、だからこそ尊敬もされるし、しょうもない企画であってもついていくのだ。
 ダリオ・アルジェントだって同じだ。
 「サスペリア」の人だからこそどこまでもついていくのだ。
 何しろタイトルに「ダリオ・アルジェントの」ってあるくらいで、これがなかったら誰も観にいかないって。
 もう彼の名前こそが観客動員をさせる宣伝材料なのだ。
 そんな彼がネタにしているのはドラキュラだ。
 それもほとんど捻りなしの直球だ。
 もう吸血鬼やらゾンビは基本設定が決まっているのdr扱いたすいが、反面同じような話になりそうなので、色々嗜好を凝らしていくのがクリエイターの腕の見せどころだ。
 ところが、この映画、まんまで、何故?と思っていたが、タイトルの原題に3Dの文字が…。
 後で調べたらダリオ・アルジェント初の3D映画だそうな。
 とは言われても2Dで公開してるし。
 ひょっとして、3Dだったら出てくる女優さんの乳がもっとプルンプルンしてたのか?
 そう考えてもいてもたってもいられない。
 あ、もちろん一応ダリオ・アルジェント節は画面に炸裂していて、良くも悪くもあまり変わらない。
 まあこれが伝統芸ってやつか?
 ホラーだけど怖くないけど、様式美を楽しむってことで。
 出演はドラキュラ伯爵に「戦場のピアニスト」のトーマス・クレッチマン、ヴァン・ヘルシングに「ブレードランナー」や「ヒッチャー」のルトガー・ハウアー……って反対だろ。
 ど~考えてもルドガー・ハウアーこそドラキュラじゃないの?
  ちなみにこの映画のドラキュラは007で言うとクリストファー・リーよりもルイ・ジュールダンみたいな感じかな。
 そんな感じでダリオ・アルジェントの匠を堪能するための映画っつうことで。

« 「相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」 | トップページ | 「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ダリオ・アルジェントのドラキュラ」:

« 「相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」 | トップページ | 「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」 »