2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「そらのおとしものFinal 永遠の私の鳥籠(エターナルマイマスター)」 | トップページ | 「ダリオ・アルジェントのドラキュラ」 »

2014年4月29日 (火)

「相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」

Aibou3  太平洋に浮かぶ孤島で馬に蹴られて死亡事故発生。
 島へ事件の調査に向かった特命係の2人。
 ある実業家が個人所有するその島では、元自衛隊員たちで組織された謎の民兵グループが共同生活をしていた。
 しかし、事故死は殺人であり、島では巨大な陰謀が蠢いていた…。
 相棒の劇場版3作目で、3代目相棒が大活躍。
 もちろん2代目も出いるし、いつものレギュラーも出てくる。
 劇場はほぼ満席で、実は何気にこのシリーズの人気を思い知らされた。
 密林が生い茂る島でスーツ姿の右京さんには笑わせてもらった。
 しかし、タイトルにある相棒である3代目の甲斐享がほとんど活躍しない。
 いやそれ以前に影が薄い。
 こういうのってキャラありきじゃないの?
 話は何か壮大であるものの、あえて問題定義するようなものでもないような。
 つうか物語の仕掛けとテーマが合わないような。
 とはいいながら軽く観ている分にはOKなので、まだまだ続きそうな感じですよ。
 監督は職人・和泉聖治なのでそれなりにまとめていると思う。
 とりあえず一番の見所は釈由美子(B85-W58-H84)つうことで。
 あと予告篇で絶海の孤島という割りには行き来が簡単っぽいし、通信手段、断絶も意外に普通に連絡はできてるんだよね~。

« 「そらのおとしものFinal 永遠の私の鳥籠(エターナルマイマスター)」 | トップページ | 「ダリオ・アルジェントのドラキュラ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/59551506

この記事へのトラックバック一覧です: 「相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」:

» 相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ [だらだら無気力ブログ!]
突きぬけて面白いわけでもなく、つまんないわけでもなく、まぁ普通。 [続きを読む]

» 映画「相棒-劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」感想 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
密林でもティータイムを忘れない右京さんw お気に入りのカップも鞄に入れていったのでしょうか(ノ∀`) 朝倉さん、こっちではビシっとしてる(違w「ハァ、死にたい」とは絶対に口にしないような人になってます。 いつものテレ朝らしい話。”お友達”と暗にアメリカを指して揶揄する所も。国防について論じるのはともかく、自分の都合の悪い事を隠すための殺人は、本人がどう言い繕おう...... [続きを読む]

» 「相棒 劇場版Ⅲ 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」 [ここなつ映画レビュー]
GWはどこにも旅行しなかったので、家族揃って「絶海の孤島」へ。これが私達の家族旅行だ!という事で。わずかにネタあり。場面設定は東京都下の孤島、八丈島から船で約40分の島。人呼んで「鳳凰島」というこの島は、民兵が訓練を行っている私有地である。ここで起きた民兵メンバーの一人の不審死が、影で行われていた国家を揺るがす陰謀を暴く事に繋がって行く、というもの。いうまでもなく、この作品は、テレビ朝日のドル箱、大人気ドラマ「相棒」シリーズの映画版で、本編劇場版としては本作が三作目である。まあ、宣伝活動のすごいこと... [続きを読む]

» 『相棒 劇場版Ⅲ』をトーホーシネマズ日本橋5で観てそこそこあそこふじき★★★(ネタバレあり) [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★制作側の意欲は買うが娯楽として小玉だ】   「相棒」は映画だけ観てます(TVはたまにチラ見程度)。 「相棒」という器を使って、国防論を書きたかったの ... [続きを読む]

« 「そらのおとしものFinal 永遠の私の鳥籠(エターナルマイマスター)」 | トップページ | 「ダリオ・アルジェントのドラキュラ」 »