2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「アダム・チャップリン」 | トップページ | 「そらのおとしものFinal 永遠の私の鳥籠(エターナルマイマスター)」 »

2014年4月27日 (日)

「テルマエ・ロマエII」

T2 原作者のヤマザキマリが原作使用料が出版社から言い渡された100 万円のみであったと発言して、二次著作物に対する不当に安い金額であるとして物議を醸しだしたが、こうやって続編ができたということは、それなりに話がついたのか?
 いずれにしろ興行収入58億と言われる映画の続編を作らないわけがない。
 基本的な話は同じで、古代のローマ人が現在の日本にタイムスリップする。
 古代ローマ人のルシウスの思い込みと勘違いで笑わせてくれるのは前回と変わらず。
 しかし、前回同様、足を引っ張っている存在がある。
 それは上戸彩(B82-W58-H84)のパートだ。
 全く話に関係ないし必然性がない。
 むしろ、映画の面白さを著しく下げている。
 確かにヒロイン不在かもしれないが、この映画に関してはあまり関係ない。
 主演の阿部寛はもう完全に喜劇役者の領域に突入している。
 外人のように濃い顔とがっちりした体。
 それでも日本人なのに外国人を演じきっているところが笑える。
 これが普通に稲川素子事務所の外人タレントだったら普通だが、彼が演じているからこそ笑えるのだ。
 この映画の最大のポイントは彼の起用であることは言うまでもない。
 監督は前作 に引き続き「のだめカンタービレ 最終楽章」の武内英樹。
 さすがにもう3作目は微妙かもしれないが、もし作るなら上戸彩のパートは絶対になしね。

« 「アダム・チャップリン」 | トップページ | 「そらのおとしものFinal 永遠の私の鳥籠(エターナルマイマスター)」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/59536017

この記事へのトラックバック一覧です: 「テルマエ・ロマエII」:

» テルマエ・ロマエII [だらだら無気力ブログ!]
今回、阿部寛のアレを絶妙なカメラワークで隠すシーンが無かったのは残念。 [続きを読む]

» 『テルマエ・ロマエII』を世界に広めよう! [映画のブログ]
 「人生の目的とは、自分を魂として昇華させること。  私にとって映画は芸術だ、ビジネスである前に。」  映画史上の傑作『エル・トポ』を撮ったアレハンドロ・ホドロフスキーにそう云われては、映画はビジネスじゃなく芸術であるべきだと思ってしまう。  しかし、この言葉はホドロフスキーのしたたかさの表れでもあるだろう。  押井守監督は、作った映画の評判が良くなかったとしても、自分で「失敗し...... [続きを読む]

» テルマエ・ロマエII : 余りにも変化がない作品 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日から広島市内では、ゴールデンウィーク期間中で博多どんたくと並ぶ大きなお祭り、フラワーフェスティバルが始まります。全国的には余り知られていないでしょうが、昔とんえ [続きを読む]

» 『テルマエ・ロマエⅡ』をトーホーシネマズ日劇2で観て、そこそこ思った通りだけどそれでよしふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★見事に予告通り】   予告編にもう何点か見せ場を追加して薄めて作った映画。 であるが、そんなに悪い気はしない。 別に物凄い物が見れる筈だと身構えて足 ... [続きを読む]

« 「アダム・チャップリン」 | トップページ | 「そらのおとしものFinal 永遠の私の鳥籠(エターナルマイマスター)」 »