2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「東京難民」 | トップページ | 「ニシノユキヒコの恋と冒険」 »

2014年3月 5日 (水)

「ダラス・バイヤーズクラブ」

Dbc 今でこそエイズは理解されている病気だが、昔はエイズ=同性愛であり偏見を持たれていた時代があった。
 特に80年代は表面的な知識で大騒ぎだった。
 この映画はそんな時代を背景に、エイズ治療に手を打たない政府や製薬会社を相手に、国内未承認でも有効な治療薬の販売をした男の話だ。

 酒と女に明け暮れるカウボーイ、ロン・ウッドルーフ。
 ある日、体調を崩し、病院に運ばれる。
 そして、医者からHIVの陽性で余命30日と宣告されてしまう。
 女は好きだが男とはやってない彼に取り、受け入れることができない事実だった。
 当然、当時の時代背景から周りの人々の差別が始まる。
 しかし、30日以上居きるためエイズについて調べた彼は、アメリカでは認可された治療薬が少ないことを知り、代替薬を探すためメキシコへ向かう。
 そして、メキシコから大量の代替治療薬を密輸し、国内 のエイズ患者にさばくため、ダラス・バイヤーズクラブ”を立ち上げるのだった…。

 一応、闘病もしくは難病物に入るジャンルの映画だと思うのだが、とにかく主役の男が病気とは思えないくらいエネルギッシュ!
 おそらく人間は死なないための努力をしている時が一番頑張れるんだろうなあ。
 安全策といえば聞こえはいいが、新しい薬はすぐに販売することはできない。
 ひたすら検証して8年近くかかってしまうのだ。
 しかし、病人は待っていられない。
 薬の認可は利権がからみまくりなので、良薬だから即認可というわけにはいかないみたいだ。
 そんなわけで、ダラス・バイヤーズクラブがあるわけだ。
 会員になったら薬はもらえる。
 断じて薬は売っているわけではない。
 そんな子供みたいな理論でエイズ患者を救う。
 この義賊的なアンチヒーローの生き様がかっこよく、まあこれもある意味アメコミのヒーローみたいなもんっつうことで。
 主演は「マジック・マイク」のマシュー・マコノヒー。
 役作りとはいえ、あの痩せっぷりはリアルに病気に思えてくる。
 そして彼と一緒に商売をするトランスジェンダーのエイズ患者を演じるジャレッド・レトーが、へたな女性より色っぽい。
 監督は 「ヴィクトリア女王 世紀の愛」のジャン=マルク・ヴァレ。
 しかし、ここ最近の映画ってタバコと薬ばっかやってるんだけど、日本禁煙学会はとりあえず苦言を申し立てるべきだな。

« 「東京難民」 | トップページ | 「ニシノユキヒコの恋と冒険」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/59238898

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダラス・バイヤーズクラブ」:

« 「東京難民」 | トップページ | 「ニシノユキヒコの恋と冒険」 »