2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-」 | トップページ | 「家路」 »

2014年3月11日 (火)

「リディック:ギャラクシー・バトル」

Ridik まるで中学生が考えたような日本語タイトルにセンスを疑うが、心配ご無用。
 映画の内容も中学生が考えたような話だ。
 銀河最凶のお尋ね者リディックが、重臣の裏切りにあって荒涼とした惑星に置き去りにされてしまう。
 何とか無人のシェルターを発見すして非常用ビーコンを発信。
 しかし、やってきたのは救援ではなく、二組の賞金稼ぎだった。
 果たしてリディックは無事脱出できるか?
 シリーズ第3弾なのだが、タイトルに脈絡がないので何が続編なのかわからない。
 主演がヴィン・ディーゼルなので何も考えていないと、ワイルド。スピードの続編は宇宙が舞台かと思ってしまう。
 売れっ子になっても相変わらずB急おポンチ映画に出演する彼の役者魂にはおそれいるが、残念ながら、この映画で彼は前半はあまり登場しない。
 敵から隠れている設定とはいえ、出番少なすぎ。
 結局、前半の見所はケイティー・サッコフのおっぱいだけなのだ。
 基本的に「エイリアン」みたいな感じなのだが、緊張感と緊迫感がないので途中でダレてしまう。
 そもそも、リディックが無茶苦茶強いという設定なので、宇宙怪物や賞金稼ぎがいたところで、悪い意味で安心して見ていられる。
 さらに銀河最凶というわりには、つぶらな目をキラキラさせているので困ってしまうのだ。
 監督はデヴィッド・トゥーヒー。
 リディックと犬(?)が一緒にいるとキャシャーンとフレンダーみたいで良かった。

« 「モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-」 | トップページ | 「家路」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/59272367

この記事へのトラックバック一覧です: 「リディック:ギャラクシー・バトル」:

« 「モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-」 | トップページ | 「家路」 »