2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ホビット 竜に奪われた王国」 | トップページ | 「映画プリキュアオールスターズ NewStage3 永遠のともだち」 »

2014年3月22日 (土)

「ローン・サバイバー」

Lone_survivor 2005年6月。
 タリバン幹部アフマド・シャーを見つけ出し殺害するため、アメリカが誇る精鋭部隊“ネイビーシールズの4人の兵士がヘリコプターでアフガニスタンの山岳地帯に降下し、偵察活動を開始する。
 タリバンの秘密基地を発見、標的の存在を確認したまでは良かったが、山羊飼いの男たちと遭遇。
 彼らを解放すれば、確実にタリバンに通報されて自分たちが殺される。
 しかし、非戦闘員を口封じのために殺害すると、それはそれで許されるべきではなく、CNNのネタになってしまう。
 考えた末、開放するが、やっぱり200人の敵に囲まれてしまう。
 果たして彼らの運命はいかに…!?

 「ランボー」がヒットしたら「ランボー者」とか、「コマンドー」がヒットしたら「地獄のコマンドー」とか、便乗したタイトルが多いので、「ローン・レンジャー」のヒットにあやかったか?と思いきや、原題のまんまで、よく考えてみたら「ローン・レンジャー」なんか思った程ヒットしてんじゃん。
 実話を元にしているせいか、絶体絶命の危機をランボーやコマンドーみたいに超人的な活躍で脱出する話ではない。
 国家間の争いの悲惨さを描いている感じも少ない。
 ここらへんを期待してしまうと極めて微妙なのだが、「ゼロ・グラビティ」のように体験型映画だと考えると、敵兵に囲まれて撃たれる感じを体験できると思えばありかな。
 そう考えると、これも音響設備が整ったところで劇場で観ないと意味がない。
 出演はマーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ、ベン・フォスター、エミール・ハーシュ。
 監督は「キングダム/見えざる敵」「バトルシップ」のピーター・バーグ。
 どちらかというと、アメリカの啓蒙的な映画なのかもしれない。

« 「ホビット 竜に奪われた王国」 | トップページ | 「映画プリキュアオールスターズ NewStage3 永遠のともだち」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/59337002

この記事へのトラックバック一覧です: 「ローン・サバイバー」:

» [映画][☆☆☆★★]「ローン・サバイバー」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「バトルシップ」のピーター・バーグ監督、「テッド」のマーク・ウォールバーグ主演。アメリカの精鋭特殊部隊ネイビー・シールズ設立以来、最大の悲劇と言われる2005年アフガニスタンでのタリバン指導者暗殺計画「レッド・ウイング作戦」を実際に経験し、唯一生き残っ... [続きを読む]

« 「ホビット 竜に奪われた王国」 | トップページ | 「映画プリキュアオールスターズ NewStage3 永遠のともだち」 »