2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「大統領の執事の涙」 | トップページ | .「エレニの帰郷」 »

2014年2月20日 (木)

「エージェント:ライアン」

Jack_ryanshadow_recruit トム・クランシーの小説でお馴染みのキャラであるジャック・ライアンが主人公のスパイ・アクション。
 ジャック・ライアンが主人公の映画というと、 「レッド・オクトーバーを追え!」「パトリオット・ゲーム」「今そこにある危機」「トータル・フィアーズ」と作られており、アレック・ボールドウィン、ハリソン・フォード、ベン・アフレックがライアンを演じている。
 それ以前にライアンは分析官であり、確かに現場工作もするとはいえ、スパイとはちょっと違うのではないか?
 そんな疑問を抱く人も多いと思うが、これはトム・クランシーの原案キャラを使ってリブートしているのだ。
 だから、分析だけでなくエージェントとして活躍もする。
 ほら、その方が映画として盛り上がるでしょ。
 現場経験ゼロのアナリストからエージェントに抜擢されたライアンが世界を恐怖に陥れるテロに立ち向かう…という話で、いわゆるジャック・ライアン・ビギンズ的な展開。
 スパイ・アクションなので007みたいな派手な展開を期待すると肩透かし。
 アクションもあるとはいえ極めて地味だ。
 どちらかというと、ジャック・ライアンのTVシリーズが始まりましたというような感じ。
 つまらなくはないけど、それなりに面白い。
 CIAのエージェントであることを誰にも言ってはいけないのに、恋人に平気で話をするし、その恋人も浮気ではなくCIAの工作と聞いて安心…ってちょっと違うだろ!
 またそれを上官が見ていて、彼女にも協力を求めるとか、どんだけいきあたりばったりなんだよ…とツッコミ所は満載だけど、まあそこは軽く流した方がいい…のか?
 主演のクリス・パインは「スタートレック」ではエンタープライズ号の艦長だったりしたが、今度はアメリカ大統領か?(←ネタバレ?)
 共演はケヴィン・コスナー、キーラ・ナイトレイ。
 コスナーは一時期はもうダメかと思ったが、「マン・オブ・スティール」あたりから見事復活!
 あ、でもライアンの上司役はハリソン・フォードの方が良かったかなあ。
 監督は「マイティ・ソー」のケネス・ブラナー。
 続編も当然えりそうだけど、007みたいに原作の要素をうまく散りばめてほしいな。

 

« 「大統領の執事の涙」 | トップページ | .「エレニの帰郷」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/59164264

この記事へのトラックバック一覧です: 「エージェント:ライアン」:

» エージェント:ライアン [だらだら無気力ブログ!]
テンポよくて面白かった。 [続きを読む]

» [☆☆☆★★][映画]「エージェント:ライアン」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「マイティ・ソー」のケネス・ブラナー監督(兼出演)、「スター・トレック」のクリス・パイン主演。トム・クランシー原作のジャック・ライアンシリーズ5度目の映画化にして、ジャックが経済アナリストからCIAエージェントに転進するきっかけとなった事件を描く、初の... [続きを読む]

« 「大統領の執事の涙」 | トップページ | .「エレニの帰郷」 »