2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「エヴァの告白」 | トップページ | 「劇場版 仮面ティーチャー」 »

2014年2月23日 (日)

「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」

Kickass2 「キック・アス」の続編。
 前作がヒットしたので今回は拡大公開。
 地方のシネコンでも上映してくれるのは嬉しい限り。
 1作目から3年。
 キック・アスをやめていたデイヴだったが、再び正義の心に目覚めて復帰!
 元マフィアのヒーローであるスターズ・アンド・ストライプス大佐と共にヒーロー軍団ジャスティス・フォーエバーを結成。
 前回の戦いで父を亡くしたヒットガールことミンディは、父の親友マーカスに引き取られ、彼からヒット・ガールを封印し、普通の高校生として生きるよう約束させられる。
 一方、キック・アスに父を殺され復讐に燃えるレッド・ミストは、マザー・ファッカーと名を改め、世界中から一流の暗殺者を集めて悪党軍団を組織し、至る所で悪行三昧。
 やがて彼らの戦いが街を巻き込んだものになっていく。
 1作目を観た人々が期待するのはヒットガールの活躍であることは言うまでもない。
 子供なのに無敵のキラーマシーン。
 相手を倒すのに全くの迷いなし。
 このギャップが面白いのである。
 ところが、続編はあまり戦わない。
 等身大高校生として悩んでいる時間は長いのだけど、そんなのは誰も期待していない。
 っつうか、自分探しをしていたら他のアメコミのヒーローと何ら変わらない。
 一応、バトルシーンはあるのだけど、全くキレがない。
 やっぱりヒットガールの無双の戦いぶりを期待していたのに残念。
 全体的に暴力とユーモアのバランスが悪く、痛快さが欠けている。
 ただでさえ、マザーファッカーのやっていることや目的が頭悪いのに、さらにジャスティス・フォーエバーというヒーロー軍団も自意識過剰な正義中毒集団。
 まあ確かに正統派アメコミヒーローのアンチテーゼと言われればそれまでだけど、見せ方がうまくない。
 続編に面白いものなしとは言われるけど、ここまで落ち込むとは。
 やっぱり監督が変わったのが原因か?
 3作目あるなら今回の監督のジェフ・ワドロウは続投させずに、マシュー・ヴォーン復帰を願う。
 ヒットガールのクロエ・グレース・モレッツはすっかり子供じゃなくなっているのは仕方ないとはいえ、とりあえずかわいいからOK。
 一方、スターズ・アンド・ストライプス大佐を演じるジム・キャリーは全くの無駄使い。
 こうやって考えると1作目は奇跡の1本であり、2作目は鬼籍の1本なんだな。

« 「エヴァの告白」 | トップページ | 「劇場版 仮面ティーチャー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/59183032

この記事へのトラックバック一覧です: 「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」:

» [映画][☆☆☆★★]「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 2010年公開以来、世界中でスマッシュヒットを飛ばしたヒーロームービー「キックアス」の続編。 本国アメリカでは、前作が公開されるや否や空前の大ブーム。本編さながらに自作のコスチュームに身を包み、街を守るべく自警活動を行うヒーロー達が急増したという(とい... [続きを読む]

» 映画:キック・アス/ジャスティス・フォーエバー Kick-Ass 2 続くPART 3への予告編的な、PART 2。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
過激なアクションの切れ味が売りだった前作から、今回はやや内面に踏み込むPART 2。 注目のヒットガールは学生まっただ中で、まるで青春ドラマのような展開。 一方キックアスも、自分お能力のなさ加減に落ち込みつつ、正義のヒーローブームの元祖として、結果的に仲間...... [続きを読む]

« 「エヴァの告白」 | トップページ | 「劇場版 仮面ティーチャー」 »