2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「神奈川芸術大学映像学科研究室」 | トップページ | 「ハロー!純一」 »

2014年2月28日 (金)

「ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック」

Cx よゐこの有野晋哉が懐かしのレトロ・ゲームに挑戦し、ひたすらエンディング画面を目指す異色番組「ゲームセンターCX」。
 放送10周年を記念して製作された劇場版。
 2006年に大勢 のファンの前で、「マイティボンジャック」へのリベンジに挑む有野の姿と、1986年に「マイティボンジャック」をめぐる中学生とのエピソードが交錯し、それがやがて1本の物語となっていく構成。
 「ゲームセンターCX」がフジテレビのCSで放送していることは知っている。
 こんなもの映画化してどうするんだ?…と思ったが、映画のデジタル化はフットワークが軽くなった分、気楽に劇場版ができるようになってしまった。
 その意味では誰でも映画にチャレンジできることができる。
 反面、吟味せず適当に作った映画が出てくるのも確かだ。
 この映画はどういう経緯でできたかよくわからないが、少なくとも金払って劇場まで行って観るようなものでもない。
 1986年当時のファミコンを中心とした、あったあったネタは悪くないのだが、ノスタルジーを感じるようなものでもない。
 ましてや有野がゲームクリアするまでを追いかけるのはテレビではOKかもしれないが、あえて映画にするようなものでもない。
 おそらく、一番盛り上がるのは有野のゲームしているところを、ライブビューイングで見せるのことだろう。
 監督は「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」の蔵方政俊。
 まあ劇場を使ったフジテレビの大がかりな番宣だと思えば、ほんの少しは納得。

« 「神奈川芸術大学映像学科研究室」 | トップページ | 「ハロー!純一」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/59213313

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック」:

« 「神奈川芸術大学映像学科研究室」 | トップページ | 「ハロー!純一」 »