2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「7番房の奇跡」 | トップページ | 「バイロケーション 裏」 »

2014年2月 6日 (木)

「アメリカン・ハッスル」

American_hustle 完全犯罪を続けてきた天才詐欺師アーヴィンと、その仕事仲間で愛人のシドニー。
 そんな2人も遂に逮捕されてしまう。
 しかし、FBI捜査官リッチーから身柄釈放と引き替えに、捜査協力を求められる。
 最初は詐欺師4人を捕まえるだけだったが、いつの間にか話が大きくなり、架空のアラブ人富豪を使って、カジノ利権に群がる政治家やマフィアを一網打尽にすることになってしまった。
 一歩間違えれば命の危機があるのに、アーヴィンとシドニーの仲に嫉妬するアーヴィンの妻が出てきて捜査の邪魔をする。
 壮絶な騙し合い。
 果たして最後に笑うのは誰だ?

 今、アカデミー賞に最も近い映画と言われており、21世紀版「スティング」だと言われているが、いざ観てみると「スティング」のような痛快さはない。
 実話を元にしているので、スカッとしたものはないのかもしれない。
 カジノの利権に群がる連中も、全員が悪いというわけでななく、中には自分なりの正義があってこその人もいるわけで、そんな人間がハメられたら、そりゃあ観ていて気分はあまり良くない。
 ぶっちゃけ期待した程面白くない。
 それでも滲みでるような面白さはある。
 冒頭のハゲネタは普通に笑えた。
 劇中に出てくるシークが懐かしかった。
 「エイリアン通り」とかプリンス・マルコ・シリーズ、「エロイカより愛をこめて」など1970年代後半はアラブネタが多かったことを思い出した。
 出演はクリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス。
 クリスチャン・ベイルは髪型が1:9分け、腹は超メタボ腹。
 1:9分けなんて、竹村健一以外に見たことなかったよ(笑)
 エイミー・アダムスは胸の谷間を見せて頑張っているが、年齢が年齢だけに垂れ乳になっているし、そもそもあんな格好で人前にいたら単に痛い奴だよ。
 それに比べて、ジェニファー・ローレンスは若いだけあって胸に張りがある。
 彼女はベイルの妻役なんだけど、年齢的にエイミーと逆じゃないの?
 但し、ジェニファーの弾けた演技は素晴らしく、彼女が出てくると映画にメリハリができる。
 監督は「世界にひとつのプレイブック」のデヴィッド・O・ラッセル。
 果たしてアカデミーをいくつ穫れるかが楽しみ。

« 「7番房の奇跡」 | トップページ | 「バイロケーション 裏」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/59078866

この記事へのトラックバック一覧です: 「アメリカン・ハッスル」:

» 映画:アメリカンハッスル American Hustle 破綻しカオス状態に陥るプロット(笑)を勝ち抜くのは誰だ?! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
話題のド真ん中にいる今作。 先日のゴールデン・グローブ賞で、作品賞、主演女優賞(アダムス)、助演女優賞(ローレンス)を受賞。 アカデミー賞では最多10部門にノミニー、それらは以下の部門。 (作品賞、監督賞、主演男・女優賞、助演男・女優賞、最優秀脚本賞、...... [続きを読む]

» アメリカン・ハッスル [映画的・絵画的・音楽的]
 『アメリカン・ハッスル』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、今度のアカデミー賞にノミネートされているというので(注1)、映画館に行ってきました。  映画の冒頭は、1978年4月28日、ニューヨークにあるプラザホテル内の一室。  主人公のアーヴィン(クリ...... [続きを読む]

» [映画][☆☆☆★★]「アメリカン・ハッスル」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「世界にひとつのプレイブック」のデヴィッド・O・ラッセル監督、「ダークナイト」シリーズのクリスチャン・ベール主演。1970年代後半に起こった汚職スキャンダル「アブスキャム事件」を基にした、クライムストーリー。 ちなみにタイトルに使われている「ハッスル(H... [続きを読む]

« 「7番房の奇跡」 | トップページ | 「バイロケーション 裏」 »