2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« .「エレニの帰郷」 | トップページ | 「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」 »

2014年2月22日 (土)

「エヴァの告白」

Evano_2 1921年、ニューヨークのエリス島。戦火のポーランドから叔母を頼って妹と共にアメリカへとやって来たエヴァ。
 ところが、妹は入国審査で結核と診断されて隔離され、エヴァ自身も難癖を付けられ入国を認められず、強制送還されるはめに。
 しかし、ブルー ノという紳士がエヴァの美しさに心奪われ、彼女の入国を手引きをしてしまう。
 一見、紳士のように見えるブルーノの仕事は、移民の女性たちを劇場で踊らせ、売春を斡旋することだった。
 敬虔なカトリック教徒のエヴァにとって、そんな仕事はできるわけもないのだが、大切な妹を取り戻すため選択の余地はない。
 さらに彼女に想いを寄せるマジシャンのオーランドも出てきて複雑な状況に…。

 昼の連ドラか!…という展開。
 全編くすんだ感じの色合い。
 チャップリンが活躍している時代なので、警察の手入れがあって逃げ惑うのが、ダークなキーストンコップぽい。
 ちなみに劇場でのレビューを脅かす存在が映画であることを話す場面が時代を感じさせる。
 昼の連ドラっぽいけど違うところは、ヒロインがカトリック教徒であることの葛藤なのだが、これは日本人にはわかり辛い。
 さらにヒロインは恋愛に揺れるよりも、「機動戦士ガンダムZZ」のジュドーくらい妹を助けることが最優先。
 あっちこっちに妹がやばそうなフラグが立っているので、その緊張感の方が強い。
 だけど、ぶっちゃけ何って話でもないんだけどね。
 監督は「アンダーカヴァー」のジェームズ・グレイ。
 主演はマリオン・コティヤール。
 う~ん、やっぱり額のホクロが気になる。
 タイトルに「エヴァ」と入るだけで、アニメファンはとりあえず目を留めるはず。
 絶対に観にいかないだろうけど。

« .「エレニの帰郷」 | トップページ | 「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/59180904

この記事へのトラックバック一覧です: 「エヴァの告白」:

« .「エレニの帰郷」 | トップページ | 「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」 »