2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「麦子さんと」 | トップページ | 「マイヤーリング」 »

2014年1月13日 (月)

「受難」

Junan修道院育ちで汚れを知らない天涯孤独の乙女フランチェス子。
 社会に出たばかりの彼女の悩みは、どうして男と女は恋に落ちるのか、なぜセックスするのかだった。
 そんなある日、彼女の性器に人面瘡ができてしまう。
 さらに喋るのだ。
 口汚くののしる意地の悪い性格の人面瘡に、彼女は古賀さんと いう呼び名を付けて一緒に暮らしていく……。

 姫野カオルコによる同名小説を映画化したらしいのだが、自分は未読。
 性器に人面瘡とか、エロ漫画のネタかっつうの。
 だけど、小説だとちょっと高尚な感じになっちゃうのかな。
 映画はエロ漫画になっていないし、こんなネタでもエロいシーンは極めて少ない。
 正直、ネタはエキセントリックだが話展開は極めてまとも。
 だけど、滅茶苦茶面白いかというとそういうわけでもないんだよね。
 結局、自分の目的は多くの人がそうであるように岩佐真悠子(B83-W58-H86)の裸目当てで観にいったんだけどね。
 確かに裸で走り回って頑張ってました。
 だけど、イマイチ実用的じゃないっつうか、あそこまでおっぴろげだと何か萎えるものが(笑)
 グラビアアイドルも脱いだら次どうするんだ?
 フルヌードって最終兵器じゃないのか?
 本格的に女優でやってくのか?
 監督は吉田良子。
 しかし、映画に出ると意外に裸って大したことなくなるのが不思議だ。
 

« 「麦子さんと」 | トップページ | 「マイヤーリング」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/58939548

この記事へのトラックバック一覧です: 「受難」:

« 「麦子さんと」 | トップページ | 「マイヤーリング」 »