2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ウォーキング with ダイナソー」 | トップページ | 「ブリングリング」 »

2013年12月27日 (金)

「鑑定士と顔のない依頼人」

The_best_offer 一発屋の映画監督と言えば、多くの人がナイト・M・シャマランを真っ先に上げるだろう。
 「シックス・センス」以外は微妙な映画ばっかり。
 だけど、やればできる子なんです…と言わんばかりに、期待して新作を観にいく度に裏切られているのだ。
 そして、ジュゼッペ・トルナトーレもそんな監督の1人かもしれない。
 「ニュー・シネマ・パラダイス」で映画ファンの心をがっちり鷲掴み。
 その後、「海の上のピアニスト」も悪くはなかったけど、「ニュー・シネマ・パラダイス」を越えることはできていない。
 結論から言えば「鑑定士と顔のない依頼人」は「ニュー・シネマ・パラダイス」を越えてはいない。
 だけど、ミステリーとしては面白い。
 天才オークション鑑定士ヴァージル・オールドマン。
 ある屋敷の鑑定依頼をされるが、依頼人の女性は何かに理由をつけて姿を現さない。
 しかし、彼女の屋敷で、18世紀の機械人形と思われる一部を発見!
 そして、屋敷の隠し部屋に依頼人がいることを知り、覗き見ると若く美しい女性だった…。
 最初は顔を出さない依頼人が誰かを追求。
 後半は正体がわかった依頼人との関係の進展。
 そして最後の正にどんでん返し的意外な展開。
 散りばめられた伏線が回収される気分の良さ。
 とにかく、できる限り予備知識なしで観ることをオススメする。
 主演はジェフリー・ラッシュ。
 共演に久しぶりのドナルド・サザーランド。
 一度観て、さらに二度観すると色々なことがわかってくる。
 特典がなくても、純粋にもう一度観にいきたくなる映画なのだ。

« 「ウォーキング with ダイナソー」 | トップページ | 「ブリングリング」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/58826910

この記事へのトラックバック一覧です: 「鑑定士と顔のない依頼人」:

« 「ウォーキング with ダイナソー」 | トップページ | 「ブリングリング」 »