2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE」 | トップページ | 「あさひるばん」 »

2013年12月 9日 (月)

「攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers」

Border2 昔はジェームズ・ボンドがショーン・コネリーか、ロジャー・ムーアかで決着のつかない論議をしていたが、さすがに6代目まで来ると、誰がやろうがもうどうでもよくなって、むしろそれも含めてシリーズの面白さだと思えてきた。
 だから、「攻殻機動隊」の監督が押井守だろうが神山健治だろうが、あまり気にならず、むしろ一番重要なのは、基本設定を生かして面白いかどうかだ。
 いわゆる作品のゴーストさえ同じなら義体なんかどうでもいいのだ。
 そんなわけで、攻殻機動隊ができるまでを描いた第2弾。
 自身の部隊設立を考えている草薙素子は、公安9課の荒巻の勧誘を断る。
 そんな中、ロジコマがハッキングされ、荒巻からの要請を受け、草薙は調査のためにロジコマを移送する。
 しかし、バトー、ボーマ、イシカワの武装集団に襲撃される。
 彼らの目的は難民虐殺の罪に問われている混成78部隊の元上官ソガ・カズヤ大佐の無実を証明するため、それに必要な特殊軍事モジュールで電子的作戦を実行しようとすることだった。
 しかし、並列解除コードの複製がロジコマに隠されたために、ロジコマの破壊を狙っていた。
 草薙は、米軍情報部エージェントのヴィヴィーや陸軍警察のパズ、海兵隊のエーススナイパーのサイトーと反撃を開始する…。
 前作に比べると面白い。
 アクションは迫力あるし、話も二転三転して面白い。
 草薙の声が坂本真綾になったのは賛否分かれているみたいだが、自分は物語の基本設定であるゴーストや義体のことがあったので、そんな違和感を感じなかった。
 ちょっと面白かったのは交通渋滞が事件になっていることで、昔はそんなの極めて想定範囲内だったけど、未来ではそうならないようにしていることで、今でも当然色々やってると思うのだけど、逆に改めて言われると斬新な感じだった。
 この作品で9課のメンバーも徐々に揃いだしてきた。
 まだ足りないメンバーが次回の話の中心か。
 3作目は2014年の6月だそうで、とりあえず楽しみに気楽に待つことにする。

« 「ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE」 | トップページ | 「あさひるばん」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/58724212

この記事へのトラックバック一覧です: 「攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers」:

« 「ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE」 | トップページ | 「あさひるばん」 »