2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「恋するリベラーチェ」 | トップページ | 「ゼンタイ」 »

2013年11月23日 (土)

「かぐや姫の物語」

Kaguya 本当なら2013年7月20日公開で「風立ちぬ」と同時公開のはずが、やっぱり公開が遅れて11月公開。
 ま、ここらへんは想定範囲内ってことで。
 「ホーホケキョとなりの山田くん」以来14年ぶりの高畑勲監督の新作は「竹取物語」をベースとしたかぐや姫の話だ。
 かぐや姫ネタだと恐竜が出てきたり「未知との遭遇」のマザーシップみたいな宇宙船が出てくる東宝50周年の映画を思い出す。
 誰もが知っていて話が単純なので映像化しやすいのかもしれない。
 そんな「まんが日本昔ばなし」で15分以内で終わりそうな話を131分で描いている。
 当然、子供はダレまくりで喋りだすし歩き回ったりしている。
 それどころか、大人でさえもダレまくっている。
 ジブリでかぐや姫の話だからといって、子供を連れてきている人も多いが、この映画は間違いなく10歳未満は観ない方が良い。
 何故なら子供が喜ぶような要素はない。
 そもそも原作そのものに面白い要素は微塵もないから当然だ。
 一般受けは間違いなくしない。
 ジブリの映画で初日なのに劇場はガラガラだ。
 まさに「ホーホケキョとなりの山田くん」の再来だ。
 しかし、残念ながらつまらないとかで一刀両断にはできない。
 何故なら滲み出るような面白さと良さがあるし、それが伝わってくるからだ。
 どんだけ手間暇かかってるんだというような水彩画のような絵。
 萌えからほど遠いようなキャラクターデザインだが、主人公のかぐや姫はちゃんと萌えの要素が存在する。
 それも子供の頃から年頃まで、ロリから美少女までそれぞれの要素を満たしている。
 意外にいい味出しているぞ、かぐや姫のおつきの人(笑)
 話は誰でも知っている話で、ぶっちゃけ予告がダイジェスト版だ。
 それでも幼なじみとの淡い関係や、かぐや姫を育てる両親の話は大人目線だと納得できてしまう。
 それにどことなく1960年代の東映動画を思わせるものがあって、これはこれで好きだ。
 結論から言えば嫌いじゃない。
 むしろ、やりたいことが伝わってくるし、今の時代こういうことができたことは凄いと思う。
 ただ残念なのは、これが多くの人には伝わらないことだろうなあ。
 
 

人気ブログランキングへ   

 

« 「恋するリベラーチェ」 | トップページ | 「ゼンタイ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
鈴木プロデューサーは『アルプスの少女ハイジ』との類似性で売ろうとしているようですけど、どちらかというと1968年の高畑監督のデビュー作『太陽の王子 ホルスの大冒険』を思い出しました。

高畑監督は自分では絵を描かないので、ジブリ作品というと宮崎駿氏の絵柄(もしくはそれを受け継いだ絵柄)を思い浮かべがちですが、本作は彼らの先輩森康二氏の絵を彷彿とさせますね。そんなところも60年代の東映動画風でしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/58630630

この記事へのトラックバック一覧です: 「かぐや姫の物語」:

« 「恋するリベラーチェ」 | トップページ | 「ゼンタイ」 »