2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「夢と狂気の王国」 | トップページ | 「恋するリベラーチェ」 »

2013年11月21日 (木)

「キャリー」(2013)

Carrie スティーヴン・キングの同名小説を基に、1976年にブライアン・デ・パルマ監督により映画化された学園ホラーを完全リメイク。
 監督は「ボーイズ・ド ント・クライ」のキンバリー・ピアース。
 当然、オリジナルと比べてしまうのは人情というものだ。

キャリー
 シシー・スペイセクが地味でいじめられていても仕方ないかなと思わせるリアリティがあるのだが、さすがにクロエ・グレース・モレッツはかわいすぎるし、肉付きがいいし、そもそもヒットガールなので、いじめにあっても速攻返り討ちにしそうな感じ。
 ただ、シシー・スペイセクが26歳で女子高生というビニ本のモデル状態であるよりも、シシーのムチっとした体は、リアル高校生にはいそうだったりする。
 

キチガイの母親
 これはオリジナルもリメイクも良い意味でのキチガイっぷり。
 今回のジュリアン・ムーアも出てくるだけでやばそうな雰囲気でまくり。

クラスメイト
 今回のリメイク版は華がない。
 オリジナル版は、ナンシー・アレン、エイミー・アーヴィング、ウィリアム・カット、ジョン・トラヴォルタ…と今思えば主役級勢揃い。
 ナンシー・アレンなんか、70年代のズベ公(死語)の雰囲気でまくり。
 ウィリアム・カットはもうちょっと出世するかと思いきや、意外に「アメリカン・ヒーロー」で終わり。
 同じ番組に出演したマイケル・パレも同じような感じなんだけどね。
 今回のリメイク版で果たして将来ブレイクするのは誰なんだろう?

エロ
 シャワーシーンは完全にオリジナルの勝ち。
 あのエロさはデ・パルマじゃないと出ない。

豚の血とその後
 このサスペンスの盛り上がり方は、オリジナルの完全勝ち。
 溜めに溜めて緊張感を出す演出。
 どうなるかわかっているのだけど、それでもいつくるかという状況がサスペンスを増大させる。
 その後の弾けっぷりはリメイクの方が規模が大きく、おそらく原作が街を崩壊させたくらいなので、それに近いのかなと。
 だけど、オリジナルの物悲しいパニック状態も捨てがたく、これはそれぞれに見所ありと言ったところか。

 
 結論を言えば、オリジナルの方が絶対に良いのだが、リメイクもそれなりに面白く、1976年当時にもしも35年後くらいに「キャリー」を作ったらという妄想を盛り上げる。
 当然、携帯電話やネットへの動画アップロード等が今風なんだろう。
 そういえば「月曜ロードショー」で放送していたよなあ。
 
 

人気ブログランキングへ   


« 「夢と狂気の王国」 | トップページ | 「恋するリベラーチェ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/58614542

この記事へのトラックバック一覧です: 「キャリー」(2013):

« 「夢と狂気の王国」 | トップページ | 「恋するリベラーチェ」 »