2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「RETURN(ハードバージョン)」 | トップページ | 「ザ・タワー 超高層ビル大火災」 »

2013年10月 5日 (土)

「TAICHI/太極 ゼロ」

Taichi0 とにかく、カンフー映画を中心とした格闘技映画が好きだ。
 昔は日本で公開される香港映画の半分以上はカンフー映画だったが、ここ最近はカンフー映画があまり公開されない。
 やっと公開されても自分が求めているものと違う。
 自分が求めるのはワイヤーやCGを使わず、生身の動きと編集で見せる昔ながらの格闘アクションだ。
 もちろん、それが時代から著しくずれていることは重々承知している。
 それでもかつての懐かしい路線が21世紀に復活することを心から望んでいる。
 この映画は楊式太極拳の創始者・楊露禅の若き日の姿を描く武術アクション。
 額にある角みたいなおでき(?)を押すと、制御不能の見境のない格闘マシーンに変貌する楊は、医者にこのままでは 死に至ると告げられ、それを防ぐ秘拳を学ぶために、秘境の果ての聖
地にある村に向かう。
 そこは、村の住人たちすべてが拳法の達人であり、秘拳・陳式太極拳の宗師に弟子入りしようとするが、村人たちに拒否される。
 それでも、不屈の精神で陳式太極拳を学んでいく楊。
 一方、村を破壊し線路建設を狙う企業の鉄怪物(巨大ロボットみたいなもの)が迫ってきていた…。
 実は元ネタを全く知らないのだが、お目当てのアクションシーンは、文字やグラフィックイメージを使ったもので斬新!
 だけど、中国語がわからないので、少し意味がわからない。
 これが言葉の壁ってやつやね。
 鉄怪物と最後は戦うのだが、一種のスチームパンクで、これはこれでアイディアとしては面白い!
 まあ、だけど、やっぱりアクションはワイヤーとCGテンコ盛りで、映像的にはきれいできまるけど、もうちょっと生身のアクションがあって欲しかったかな。
 監督も主演も全く知らない人ばっかで、後で三部作の第1作であることを知る。
 う~ん、三部作にするようなものでもないんだけどなあ。
 
 

人気ブログランキングへ   


« 「RETURN(ハードバージョン)」 | トップページ | 「ザ・タワー 超高層ビル大火災」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/58326090

この記事へのトラックバック一覧です: 「TAICHI/太極 ゼロ」:

« 「RETURN(ハードバージョン)」 | トップページ | 「ザ・タワー 超高層ビル大火災」 »