2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ダイアナ」 | トップページ | 「キタキツネ物語 -35周年リニューアル版-」 »

2013年10月23日 (水)

「今日子と修一の場合」

Kyoukoshuuichi かつては「円盤戦争バンキッド」もしくは「スター・ウォーズ」の日本語吹替版でハン・ソロの声の人としてしか認識していなかった奥田瑛二だが、今やすっかり映画監督としても大活躍している。
 そんな彼の監督作品5作目は実の娘夫婦でもある安藤サクラ(B83-W64.5-H90.5←本当か?)と柄本佑を主演に、東日本大震災の被災地を故郷に持つ2人の若い男女の話だ。

 今日子は、夫が病気のため、保険外交員の仕事をやるのだが、成績が上がらず上司や顧客とやってしまう、家族にばれて家を追い出されるハメに。
 東京に出てきた彼女は、キャッチにつかまり、やはりここでも体を売って生活することになる。
 修一は大学進学を目指して浪人生活を送っていたが、父親の暴力から母親を守るために父親を殺して少年刑務所に服役。
 出所後は、東京の小さ な工場に住み込みで働き始める。
 そして3月11日、東日本大震災が発生し、2人の故郷も被害に遭ってしまう。

 ちなみに実生活が夫婦だからといって、2人が夫婦とか恋人役とかそういうわけではない。
 あくまでも別々に話が進んでいき、最後は同じ被災地にいるというもの。
 しかし、それでも接触するものではない。
 つまりそれぞれの人生は波瀾万丈だが、出身地は同じというだけで、絡むようなことはない。
 まあ、実際はこんなものだと思えばリアルといえばリアル。
 ただ、修一の話は盛り沢山なのに、今日子が妙に現実味がない。
 彼女の行動が少し突飛な感じがしてしまう。
 それでも説得力があるのは、安藤サクラが美人でないところで、実在しそうな感じが、彼女のエピソードをもっともらしくしている。
 いそうなんだよ、生保レディとか風俗にああいう顔。
 それでいて、妙にエロさを感じるところとかね。
 ぶっちゃけ、震災ネタはあまり好きではないのだが、この映画の場合、重要なのだけどさりげないところに怖さがあった。
 奥田瑛二の映画は作るごとに面白くなっているので、次回作も期待してしまう。
 
 

人気ブログランキングへ   


« 「ダイアナ」 | トップページ | 「キタキツネ物語 -35周年リニューアル版-」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/58436499

この記事へのトラックバック一覧です: 「今日子と修一の場合」:

« 「ダイアナ」 | トップページ | 「キタキツネ物語 -35周年リニューアル版-」 »