2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ルノワール 陽だまりの裸婦」 | トップページ | 「陽だまりの彼女」 »

2013年10月19日 (土)

「ムード・インディゴ うたかたの日々」

Mood_indigo 働かなくても暮らしていける資産家の青年が恋に落ちて結婚。
 しかし、彼女が肺に睡蓮の花が咲く奇病に冒されてしまった。
 彼女を救うべく、高額な治療費で彼の財産はなくなり、人生で初めて働くことになるのだが…。

 ボリス・ヴィアンの名作「うたかたの日々」を映画化したらしいのだが、自分は全くの未読。
 そういえば、川原泉の漫画に笑うと花が出てくる話あったよなあ…って関係ないか。
 だから原作の世界観はよくわからないのだが、映画の方は、漫画的というかアニメ的なイメージ映像が盛り沢山。
 ちらかというと、「ベティ・ブープ」のアニメの世界を実写化したような感じだ。
 これが効果的かどうかは意見が分かれる…というより好き嫌いだけなのだが、自分は最初こそ面白いと思ったけど、途中から食傷気味になってしまった。
 ちょっとやりすぎな感じが、逆に寓話っぽい話をもっと非現実的にしたように感じた。
 しかし、一方では「ベティ・ブープ」の映画化も夢ではないことを認識した。
 出演は「真夜中のピアニスト」のロマン・ デュリスと「アメリ」のオドレイ・トトゥ。
 オドレイ・トトゥって結構ええ年だよね?
 監督が「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリーなので期待したんだけど、今回はちょっとイマイチかな。
 たぶん女子受けはしそう。
 自分が観たのは海外向けに編集されたインターナショナル版(95 分)らしいが、ディレクターズカット版は、131分らしい。
 個人的には95分でうまくまとめてあったので、131分ってダレるのではないかと思っている。
 だけど、フランス本国ではOKで海外だけ短いのはどういうころなんだろう?
 今は2時間越えの映画なんてザラだしね。
 
 

人気ブログランキングへ   

« 「ルノワール 陽だまりの裸婦」 | トップページ | 「陽だまりの彼女」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/58416254

この記事へのトラックバック一覧です: 「ムード・インディゴ うたかたの日々」:

« 「ルノワール 陽だまりの裸婦」 | トップページ | 「陽だまりの彼女」 »