2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「今日子と修一の場合」 | トップページ | 「人類資金」 »

2013年10月24日 (木)

「キタキツネ物語 -35周年リニューアル版-」

Kitakitsune やっぱり今更の企画ってあるよな。
 「おしん」のリメイクとか、この映画とか。
 1978年の「キタキツネ物語」を未公開分を含む当時のオリジナル映像素材を元に完全リニューアル。
 声優も一新して、西田敏行、佐藤隆太、平野綾(B83-W53-H84)を起用。
 1978年の夏は「スター・ウォーズ」と「さらば宇宙戦艦ヤマト」三昧だったが、この映画もそれなりに観客動員はしたし、翌年のテレビ放送は高視聴率だった。
 当然、似たような作品が連発されるわけで、「子猫物語」とか「象物語」とか色々量産されることになる。
 正直、今更感というより、ぶっちゃけ、当時のオリジナルをデジタルリマスターで公開した方が良かったんじゃないの?
 音楽だって山崎まさよしや、平野の歌よりもオリジナルのままの方が絶対に良いって。
 「スター・ウォーズ」もどんどん改悪されていくけど、もっとオリジナルを尊重しようよ。
 いや、「キタキツネ物語」が35周年なら「スター・ウォーズ」の日本公開35周年でもあるんだな。
 そっちの方が重要だよ。
 しかし、さすがに35年も経つと、色々思い出して見てしまう。
 今見ると、ドキュメンタリーというより、沢山の素材から編集で話を作っていることがわかる。
 それぞれのシーンが別撮りでうまく編集してある。
 まあ、そこらへんは動物だから仕方ないのか。
 これは今だったらヒットするとは思えないけど、そういう時代だったんだな。
 ちなみに78年の前売券の半券があるんだけど、地方では「続アドベンチャー・ファミリー」が同時上映だった。
 考え抜いた二本立てだったんだなあ。

20130714_193814_3
 

人気ブログランキングへ   







« 「今日子と修一の場合」 | トップページ | 「人類資金」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/58442685

この記事へのトラックバック一覧です: 「キタキツネ物語 -35周年リニューアル版-」:

« 「今日子と修一の場合」 | トップページ | 「人類資金」 »