2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「宇宙戦艦ヤマト2199/第七章 そして艦は行く」 | トップページ | 「貞子3D2」 »

2013年8月31日 (土)

「パニック・マーケット3D」

Pm3d 映画の困った時のネタで使い勝手の良いので1番はゾンビで、何番目かには絶対にサメが入っていると思う。
 海を舞台にして適当に話を作ろうとしたら、水着の女の子とサメさえだしておけば良し。
 特にサメなんか背鰭だけで十分認識できるのは「ジョーズ」で証明済みだ。
 あとは、いかにサメが出てくる設定を構築するかなのである。
 この映画は津波で浸水したスーパーマーケットで巨大人喰いザメが人々を襲う…という話で、ゾンビをサメにしただけとツッコまれたらそれまでだが、逆もまた然りでしょ。
 親友をサメに食われて、決まっていた彼の妹との結婚も破談になってしまった元ライフセーバーの青年が主人公で、彼はスーパーマーケットでアルバイトをしていた。
 そこへ、元カノが新しい婚約者を連れて登場。
 店には強盗犯や殺人鬼もいるというだけでも無理があるのに、そこへいきなり津波が来て店は水没。
 さらには津波と共にサメもやってきてしまう。
 もうギャグと紙一重の最悪の状態で、店に残された人は無事脱出できるか?
 昔ながらの正統派パニック映画で、さらにはB級臭が漂っている。
 しかし、これでもかというくらい盛り沢山のサービス精神あふれる展開!
 たまにはこういうのはありだな。
 主演は「エクリプス/ トワイライト・サーガ」のゼイヴィア・サミュエル。
 監督は「アイ,ロボット」や 「ゴーストライダー」等の大作アクション……の第二班監督だったキンブル・レンドール。
 やっぱ誰しも下積み時代はあるよね。
 一応、3D映画なのだけど、一番それを感じさせるのは予告編でもお馴染み、海からサメが飛び出し、人がパクって食われるところくらいかなあ。
 だけど、この映画で3Dじゃなくなると、単なるB級サメ映画でしかないんだよね。
 
 

人気ブログランキングへ   


« 「宇宙戦艦ヤマト2199/第七章 そして艦は行く」 | トップページ | 「貞子3D2」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/58096384

この記事へのトラックバック一覧です: 「パニック・マーケット3D」:

« 「宇宙戦艦ヤマト2199/第七章 そして艦は行く」 | トップページ | 「貞子3D2」 »