2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「終戦のエンペラー」 | トップページ | 「ペーパーボーイ 真夏の引力」 »

2013年8月 1日 (木)

「李小龍 マイブラザー」

Bluce 一昔前は若くして亡くなって伝説となってしまった俳優といえば、ジェームズ・ディーンだったが、今はすっかり名前も聞かなくなってしまった。
 やっぱり、ジミーちゃんの伝道師である小森のおばけちゃま、いやおばちゃまがいなくなったのも要因の一つかもしれない。
 しかし、若くして亡くなった伝説の俳優のもう一人、ブルース・リーは生誕70年、没後40年経っても、まだまだ名前が上がってくる。
 おそらく、彼の存在がハリウッドでも特殊であり、香港では誰よりも有名な歴史上の人物だからかもしれない。
 そしてあまりにも早すぎる死が、さらにカリスマ性を強めてしまう。
 そのため、未完成の映画はもちろん、ジャンクやNGから使える箇所を抜粋して、とりあえず1本の映画を作ってしまっても、商売として成り立ってしまうのが辛い。
 ファンも惚れた弱みでついつい観にいってっしまうのだ。
 当然、彼に関するドキュメンタリーや伝記映画も作られてしまう。
 この映画も正にそれだ。
 若かりし日のブルース・リーの香港修業時代を描いている。
 もう今更の話なので、どう見せるかが気になるところだ。
 どこらへんで。イップマンが出てくるのかな…とか、どこの時代を一番描くのか?とか、お約束を守りながら新しいものがあればいいのだ。
 この映画はどちらかというと、青春時代が中心。
 天下のブルース・リーも若い頃はやんちゃで、ストリートファイトはもちろん、イギリス人のプロボクサーをノックアウトしたり、それでいて淡い恋愛があったりするのである。
 正にブルース・リービギンズといった感じだ。
 が、しかし、自分が求めるのはブルース。リーのアクションなのだ。
 もちろん、ないものねだりなのは重々承知している。
 それでも、彼を思わせる何かがあれば、それだけでもいいのだ。
 ところが、この映画、アクションシーンが絶対的に少ない。
 仕方ないといえば、仕方ないのだが、唯一、短い時間ながらもブルース・リーを思わせる仕草があって、これはこれでちょっと嬉しかった。
 ブルース・リーを演じるのはアーリフ・リー。
 香港を中心に歌手として活躍しているらしいが、そんなの知るわけもなく、ちょっとイケメンすぎる感じがしないわけでもない。
 監督よりもブルース・リーの実弟であるロバート・リーが製作総指揮というのが話題かもしれない。
 関連映画もいいけど、やっぱり本物のブルース・リー映画をデジタルリマスターで上映しtれくれた方が嬉しい。

 
 

人気ブログランキングへ   

 

« 「終戦のエンペラー」 | トップページ | 「ペーパーボーイ 真夏の引力」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/57781318

この記事へのトラックバック一覧です: 「李小龍 マイブラザー」:

« 「終戦のエンペラー」 | トップページ | 「ペーパーボーイ 真夏の引力」 »