2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ガッチャマン」 | トップページ | 「上京ものがたり」 »

2013年8月27日 (火)

「スター・トレック イントゥ・ダークネス」

Star_trek_into_darkness スター・トレックはTVシリーズと映画は数あれど、やっぱり一番好きなのは一発目のTVシリーズ、日本で言うところの「宇宙大作戦」だ。
 1979年に劇場版が公開された時は感動した。
 何にか?
 そりゃあ、もうエンタープライズ号が巨大スクリーンで動いているからで、TVシリーズは最初と最後にバンクフィルムで登場するだけだったが、映画版はきちんと動いていて、本当に巨大であることが実感できてしまうのだ。
 もうそれだけで満足。
 話がイマイチとか、登場人物がすっかり老けているとかは、まあこの際置いておくことにする。
 その後も色々新作が作られているけど、やっぱり「宇宙大作戦」が一番面白い。
 だから当然、オリジナルを映画化するのは当然だろう。
 もちろん、オリジナルの年寄りを使わずにだ。
 そんなわけで、オリジナルの映画化は大成功。
 往年のシリーズの要素を踏まえつつ、今風の要素を入れて新しいファンさえも獲得しつつある。
 オリジナルの精神が生きていることが大切なのだ。(少しは見習えよ>「ガッチャマン」)
 謎の男による爆破事件。
 謎の男が潜む宇宙の戦闘地帯へと旅立つエンタープライズ号。
 そして、次第にわかってくる男の過去、そして復讐の真の目的とは…てな話なのだが、これが大変面白い!
 TVシリーズに続くだけでなく、「カーンの逆襲」のリメイクでもあったわけで、往年のファンの気持ちをがっつり掴んで、新規ファンも取り込む、この心憎い展開。
 1作目の時も思ったけど、監督のJ・J・エイブラムスは、過去の作品を再構築させるとピカイチだな。
 この人だったら、スター・。ウォーズのエピソード7は適当にうまくやると思う。
 音楽が映画版ではなく、TVシリーズなのが泣かせる。
 しかし、社会人目線で見ると、カークは上司としてはダメだな。
 普通に考えたらスポックの方が絶対に艦長に向いてるのだけど、それだと話が盛り上がらないか。

 
 

人気ブログランキングへ   

« 「ガッチャマン」 | トップページ | 「上京ものがたり」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/58072436

この記事へのトラックバック一覧です: 「スター・トレック イントゥ・ダークネス」:

« 「ガッチャマン」 | トップページ | 「上京ものがたり」 »