2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「25年目の弦楽四重奏」 | トップページ | 「SHORT PEACE」 »

2013年7月21日 (日)

「風立ちぬ」

Kazetatinu かつては、作る映画にハズレなしと言われていた宮崎駿だが、「崖の上のポニョ」で、無敗伝説崩壊!
 今回の新作は果たしてどうか?
 零式艦上戦闘機の設計者として知られる堀越二郎の半生を、堀辰雄の小説「風立ちぬ」のエピソードを盛り込んだもので、実在の人間を使ったファンタジー……だと自分は思っている。
 夢と現実の世界が行ったり来たりする摩訶不思議な感じで、色々なエピソードをぶったぎってつないだような感じだ。
 そこには、物語の起伏はまるでない。
 淡々と登場人物の生活描写がえんえんと続くだけなのだ。
 技術的には凄いところもあって、例えば関東大震災の描写は生々しく隅々の人まで動いている。
 まるで昔の日本映画を再現しているような雰囲気とか悪くない。
 しかし、残念なことに話が全く盛り上がらない。
 描きたいことは伝わってくるし、大人なら理解できると思う。
 ところが、ジブリ=トトロやラピュタみたいなものを期待してやってきた親子連れは御愁傷様としか言えない。
 何しろ、全く子供相手に作った内容ではないからだ。
 だから、子供によっては、2時間以上は苦行スイッチを入れなくてはならない、
 この映画の最大の話題である主演の声にを庵野秀明が抜擢されたことは、、残念ながら大失敗だと思う。
 実際にはしばらくすると慣れてくるのだが、他の人とのバランスが悪すぎる。
 これはもう本職の声優とかタレントがどうこうではないと思う。
 効果音を人の口で作るのは違和感なし。
 というか、夢の中や震災など普通ではないところが中心なもで、そんなもんかと思ってしまう。
 それに、「ポリスアカデミー」で、人間効果音があったので今更なのだ(笑)
 音がモノラルも別にどうでもいい。
 誰も気にしてない。
 キューブリックの映画だって、結構な年代でもモノラルだったし。
 まあ、それなら画面サイズをスタンダードにするとかもあって良かったかも。
 色々深読みもできるだろうが、映画としては面白くない。
 おそらく、監督もそれはわかっている。
 だけど、それでも作れて、それなりの興行成績を出せるのが実力なんだろう。
 個人的には、4分の予告編が一番良かったと思う。
 
 

人気ブログランキングへ   

« 「25年目の弦楽四重奏」 | トップページ | 「SHORT PEACE」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/57836558

この記事へのトラックバック一覧です: 「風立ちぬ」:

» 風立ちぬ [あーうぃ だにぇっと]
風立ちぬ@スペースFS汐留 [続きを読む]

» 「風立ちぬ」飛行機と出会い設計を志した先にみた時代に飲み込まれながら夢で見た故障しない高性能飛行機の製作 [オールマイティにコメンテート]
「風立ちぬ」は宮崎駿監督5年ぶりの新作で関東大震災から太平洋戦争に掛けて描かれ、零戦の設計者堀越二郎を主人公に堀越二郎が飛行機設計に注ぎ込みながらもその間に出会った1 ... [続きを読む]

» 風立ちぬ (試写会) [風に吹かれて]
ジブリは後継者がいないのね公式サイト http://www.kazetachinu.jp7月20日公開宮崎駿が月刊模型雑誌「モデルグラフィックス」に連載していた漫画を基に、零式艦上戦闘機の設計者として [続きを読む]

» [映画][☆☆☆★★]「風立ちぬ」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「崖の上のポニョ」以来、5年ぶりとなる宮崎駿監督最新作。「モデルグラフィックス」で連載された、零式艦上戦闘機(通称:零戦)の設計者として知られる実在の人物・堀越二郎の半生を描いた同監督のコミックを映画化。 誤解を恐れず言えば、これは良くも悪くも宮崎駿と... [続きを読む]

» 映画『風立ちぬ』観てきた [よくばりアンテナ]
久しぶりの宮崎駿作品。観なくっちゃね。 シネコンの多いこの地域で、公開後1週間で上映回数も他の映画よりも多い。 ああ、人気なんだなぁ、それに夏休みだ。 そして、週末だろうとサービスデーだろう...... [続きを読む]

« 「25年目の弦楽四重奏」 | トップページ | 「SHORT PEACE」 »