2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「GUN CRAZY 復讐の荒野」 | トップページ | 「終戦のエンペラー」 »

2013年7月30日 (火)

「漂流街」

Hyouryuugao 年間の監督作品量が多くアイドル映画からヤクザ物までジャンルを選ばずサクサクこなしていく正に職人監督・三池崇史の2000年の作品。
 話題の「DEAD OR ALIVE」は最後のオチはド肝を抜くが、オープニングなどテンポがいいと言われているが自分にとってはちょっともたついていたように感じた。
 「漂流街」は全編ハイテンションで進んでいく。
 どっからみてもアメリカにしかみえないのに日本の土地と言い切ってしまうところが
、ずうずうしいというかハッタリが効いているというか、無国籍アクションといってアジアなんかで撮影してあえて舞台の国を曖昧にしてしまうということはあるが、どこで撮影しても日本と言い切ってしまうというのもないわけではないが珍しい。
 この馬鹿馬鹿しさについていけるかどうかで、この映画の価値が決まってくるのだが、自分は全然OKで、べたな話展開であるが、異常なハイテンションと妙に立ち捲っているキャラクターの登場人物が観ていて心地良い。
 特に音響設備の良い映画館だとちょっとしたライブ感覚で最高である。
 その中でも良い味出してるね>ミッチー
 あれだけ出ていて吉川晃司が特別出演というのも凄い話だなあ。
 
 

人気ブログランキングへ   


« 「GUN CRAZY 復讐の荒野」 | トップページ | 「終戦のエンペラー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/57890996

この記事へのトラックバック一覧です: 「漂流街」:

« 「GUN CRAZY 復讐の荒野」 | トップページ | 「終戦のエンペラー」 »