2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「SHORT PEACE」 | トップページ | 「ピカチュウとイーブイ☆フレンズ」 »

2013年7月23日 (火)

「ベルリンファイル」

The_berlin_file 映画の中で仮想敵国といえば、かつてはナチスだったが、その後、アラブ系の国となり、今はすっかり北朝鮮となっている。
 まあ確かに話題には事欠かない国であるので、話も作りやすいかもしれない。
 しかし、日本では拉致問題など複雑な問題を抱えており、どこか遠くのよくわからない国では済まない。
 ましてや、韓国は現在休戦中という微妙なポジションである。
 正に一触即発の状態。
 ところが、そんな状態でも、いやそんな状態だからこそリアルな物語ができるのかもしれない。
 北朝鮮をネタにしている映画は意外に多い。
 そして、この映画は韓国の映画でああるが、北朝鮮のスパイが主人公だ。

 北朝鮮の敏腕諜報員が、アラブ組織との武器取引現場を韓国情報院に察知されてしまう。
 何とか逃げ切ったものの、何故トップシークレットの取引の情報が漏洩しているのか?
 やがて自分の妻が二重スパイの容疑がかけられているだけでなく、彼自身までが恐るべき巨大な陰謀に巻き込まれていた…。

 ベルリンを舞台に命懸けの攻防戦が展開!
 ヨーロッパロケを敢行してハリウッド映画のような規模の娯楽作となっている。
 同じようにヨーロッパロケを敢行しても小じんまりした織田裕二の映画とはちょっと違う。
 比べても仕方ない。
 何故ならこっちの方が有無を言わさず面白いからだ。
 銃撃戦と肉弾戦が迫力ありすぎ。
 昨今のアクションはスローモーションを多様するが、この映画はスローは使わず、等倍速。
 しかし、等倍速でも目で追えないくらい早い。
 よくよく考えてみたらスポーツではなく生きるか死ぬかであり、速く動き相手を殺さなくてはいけない。
 そう考えると、スローを使わないのは正解だと思う。
 さらには効果音が乾いた感じで、それがアクションの迫力を増している。
 ミッション・インポッシブル・シリーズを思わせるところもあるのだが、話は遙かに重たい。
 だからこそ、緊張感と緊迫感もあるわけだ。
 常に仮想敵国である北朝鮮が、主役になると意外に悲哀あふれる話にもなるのは、立場違えばというところか。
 出演はハ・ ジョンウ、ハン・ソッキュ、チョン・ジヒョン。
 日本での韓国ブームの立役者が集結。
 監督はリュ・スンワン。
 監督映画はホラーにしてもアクションにしても加減なしだが、今回はそれがうまく行っていると思う。
 
 

人気ブログランキングへ   

« 「SHORT PEACE」 | トップページ | 「ピカチュウとイーブイ☆フレンズ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/57845840

この記事へのトラックバック一覧です: 「ベルリンファイル」:

» ベルリンファイル [だらだら無気力ブログ!]
これは面白かったなぁ。 [続きを読む]

» 映画「ベルリンファイル」凄いぞ韓国映画!文句なしの面白さ [soramove]
映画「ベルリンファイル」★★★★★ ハン・ソッキュ、ハ・ジョンウ、 リュ・スンボム、チョン・ジヒョン出演 リュ・スンワン監督、 120分、2013年7月13日より全国公開 2013,韓国,CJ Entertainment Japan (原題/原作:Bereurlin ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 韓国では今年1月に公開され ... [続きを読む]

« 「SHORT PEACE」 | トップページ | 「ピカチュウとイーブイ☆フレンズ」 »