2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「漂流街」 | トップページ | 「李小龍 マイブラザー」 »

2013年7月31日 (水)

「終戦のエンペラー」

Emperor 映画やドラマにおいて、日本の皇室がネタになるのは極めて少ない。
 イギリスの王室は、本人が現役で活動で、若干批判的な感じの話でもOKみたいな感じだ。
 おそらく、考え方の違いなのかもしれない。
 そして、最大のタブーは天皇の戦争責任についての追求だろう。
 これに関しては色々な議論が分かれるとことだが、基本的にはそれについては触れないのが現状だ。
 しかし、日本人はそうであっても、外国人は別だ。
 何しろ極東の小さな島国のことでしかないからだ。
 特に太平洋戦争前後だと、よくわからない不思議な国というのが一般的で、もっと言えば宇宙人と接するような感じだったかもしれない。
 何しろ言葉はもちろん、文化も思想も全く違うのだ。
 この映画は、敗戦直後の日本を舞台に、日本文化に精通しているボナー・フェラーズ准将が、マッカーサー元帥から、たった10日で太平洋戦争における天皇の戦争責任の有無を追求する話で、調査を進めていくうちに、日本国民です ら知らなかった太平洋戦争の真実が明らかになっていく。
 自分は図書館で太平洋戦争前後の新聞記事を読んだり、周辺の記録を読み捲っていたので、いかに描くかが興味深かったが、基本的には史実を元にしている。
 日本が舞台の外国映画にありがちな間違った描写は極めて少ない。
 歴史の真実を追求するものかと思いきや、半分位は恋愛話だった。
 ドキュメンタリーじゃあるまいし、恋愛パートが良いクッションになってメリハリがつくので、役割的にありかもしれない。
 正直、ひたすら地味だけど、自分は結構好きだな。
 出演は、日本ではコーヒーを飲む宇宙人の印象がかなり強いトミー・リー・ジョーンズ。
 同じ時期に公開されている映画ではメリル・ストリープが演じる嫁とのセックスレスについて悩んでいる旦那役なのに、今回は当時、日本で一番偉い人だよ。
 監督は「真珠の耳飾りの少女」「ハンニバル・ ライジング」のピーター・ウェーバー。
 上映時間が、この手の映画では珍しく2時間以内だが、長ければ良いと言うものでもないしね。
 
 

人気ブログランキングへ   

« 「漂流街」 | トップページ | 「李小龍 マイブラザー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/57897143

この記事へのトラックバック一覧です: 「終戦のエンペラー」:

» 終戦のエンペラー (試写会) [風に吹かれて]
平和のために 耐え難きを耐え 忍び難きを忍んで公式サイト http://www.emperor-movie.jp7月27日公開原作: 終戦のエンペラー/陛下をお救いなさいまし (岡本 嗣郎著/集英社文 [続きを読む]

» 映画「終戦のエンペラー」これこそ、邦画で見たかった [soramove]
映画「終戦のエンペラー」★★★☆ マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ 西田敏行、初音映莉子、桃井かおり 伊武雅刀、羽田昌義、火野正平 中村雅俊、夏八木勲出演 ピーター・ウェーバー監督、 107分、2013年7月27日より全国公開 2013.アメリカ、松竹 (原題/原作:陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ/岡本嗣郎著 ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映... [続きを読む]

« 「漂流街」 | トップページ | 「李小龍 マイブラザー」 »