2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「劇場版トリコ 美食神の超食宝(スペシャルメニュー)」 | トップページ | 「漂流街」 »

2013年7月29日 (月)

「GUN CRAZY 復讐の荒野」

Gun_crazy かつて「キネ旬」がべタ褒めしていた室賀厚の「SCORE」だが、実際劇場まで観に行くと全然面白くなくて、色々「大人の事情」もあるんだろうなあと思ったりした。
 どちらかと言えば「SCORE」は主演の小沢兄ィの「俺の俺による俺のた
めの映画」でしかなくて、それが自主映画以上商業映画未満であったにすぎない。
 室賀厚の演出は基本的にどこかで観たようなもの、いわゆるパクリが多い。
 もちろんそれはそれでかまわないのだが、要はそれをどこまで自分流に昇華するかが大切なのである。
 「GUN CRAZY 復讐の荒野」は「GUN CRAZY 裏切りの挽歌」と合わせても2時間少しの上映時間なので、実質1時間なのだが大変面白い。
 話はとにかくベタすぎるくらいベタで(話内容はここには書かないので情報誌とかホームページ見てね)実質Vシネマである。
 正直話展開上不思議なところも多い。
 例えば街に一人しかいない警官がどうして裏切るに至ったか?等説明不足なところも多い。
 しかし、映画に勢いがあるので少々のことは気にならない。
 主役の米倉涼子(B84-W59-H85)は、話し方が鼻につくのだが、この映画ではほとんど喋らさないところが良い。
 三白眼が役にピタリと合っている。
 制作はチーム・オクヤマで、「ダンボールハウスガール」に引き続き米倉が出ているのは、米倉の事務所とチーム・オクヤマは商売上良い関係なのか?
 そしてチーム・オクヤマ制作というだけで羽田美智子(B81-W59-H88)がどこかに出ていると思っていたのは自分だけではないはずだ。
 この映画の最大の欠点は女の裸が出てこないところだが、米倉にそこまで求めるのは無理か。
 だったらせめて昔の「土曜サスペンス劇場」の泉じゅん(B85-W54-H86)のようなヌード要員が必要であることは言うまでもない。
 最後の敵の倒し方は何でもありの展開でOK!
 やはりあそこまでハッタリが効いていると面白いと思う。
 
 

人気ブログランキングへ   

« 「劇場版トリコ 美食神の超食宝(スペシャルメニュー)」 | トップページ | 「漂流街」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/57887757

この記事へのトラックバック一覧です: 「GUN CRAZY 復讐の荒野」:

« 「劇場版トリコ 美食神の超食宝(スペシャルメニュー)」 | トップページ | 「漂流街」 »