2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「セレステ∞ジェシー」 | トップページ | 「箱入り息子の恋」 »

2013年6月20日 (木)

「ハル」

Hal チケット売場で、「ハル、大人1枚」と言うと、随分前に深津絵里(B78-W56-H83)主演・森田芳光監督の「(ハル)」を観にいったことを思い出す。
 パソコン通信という当時の最新のネタを使ったものだが、話は今でも十分面白い。
 そしてこの映画は介護ロボットが出てきており、未来の話なのだが、これが〈当時の最新ネタ〉と言われる日が来るのだろうか?
 そういえば、「2001年宇宙の旅」やコンピュータの専門学校もハルだし、近未来のキーワードになのかな?
 といっても、この映画のハルは人の名前だ。
 喧嘩別れをしたまま飛行機事故で最愛の人ハルを失ったくるみは、生きる力をなくしており、そんな彼女のためヒト型ロボットのQ01(キューイチ)は、彼女のためにハルにそっくりの見た目で一緒に住むことにする……という話で、これだけ聞くだけでは今更感が物凄く強い。
 ところが、基本ネタはベタなのに、後半は意外な展開!
 そして、人物デザインは少女漫画っぽいのに、背景が細かく、特に京都が舞台なので、古都と近未来のバランス感覚が面白く、ちょっと聖地巡礼がしたくなってしまった。
 監督は牧原亮太郎。
 すいません、この人がどんな人かは全くわかりません。
 それよりも、脚本が 「Q10(キュート)」の木皿泉なのに注目したい。
 正直、前田敦子(B76-W60-H83)のドラマでこれを越えるのは見たことない(個人的感想)。
 上映時間が1時間ちょっとという短さだが、上映時間の長さではなく、面白いかどうかがなので、こういう形の作品もありじゃないかな。
 
 

人気ブログランキングへ   

« 「セレステ∞ジェシー」 | トップページ | 「箱入り息子の恋」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/57626720

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハル」:

» [映画][☆☆☆★★]「ハル」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「進撃の巨人」のWIT STUDIO制作による初劇場アニメ作品。近未来の京都、最愛の恋人ハルを失ったショックから立ち直れない女性くるみと、彼女の心を癒すべく派遣されたハルそっくりのロボット・ロボハル=キューイチの交流を描くSFラブストーリー。 ちなみに、1996年... [続きを読む]

« 「セレステ∞ジェシー」 | トップページ | 「箱入り息子の恋」 »