2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「監禁探偵」 | トップページ | 「G.I.ジョー バック2リベンジ」 »

2013年6月 7日 (金)

「バレット」

Bullet_to_the_head  時々、ふとあの監督、あの俳優はどうしたんだろう?と思うことがある。
 そういえば、ウォルター・ヒルって今どうしているんだろう?
 「48時間」とか「ストリート・オブ・ファイアー」等、70~80年代はブイブイ言わせていたけど、ここ最近ご無沙汰。
 一応、エイリアン・シリーズとかの製作とかしているみたいだけど、監督作品が観たい。そう考えていたら、彼の本当に久しぶりの監督作品が公開!
 「デッドロック」以来だから10年ぶりくらいか。
 凄腕の殺し屋が相棒の復讐のため、堅物の若手刑事と手を組んで共通の敵を追う……というもので、「48時間」を思い出させる。
 凄腕の殺し屋を演じるのが「ロッキー」や「ランボー」、最近だと「エクスペンタブルズ」でお馴染みシルヴェスター・スタローン。
 60歳回ってアクションをやってることも凄いけど、ここ最近はさらに役者としてのポジションを掴んだ感じだ。
 彼と不本意ながらコンビを組む羽目になった若手刑事は「ダイ・ハード4.0」「ワイルド・スピード MEGA  MAX」のサン・カン。
 といっても、この人、空気みたいに存在感がないんだけどね。
 昔だったら黒人だろうが、今のご時世だと韓国人なのかもしれない。
 ちなみに「コナン・ザ・バーバリアン」のジェイソン・モモアも出演しており、コナンを思わせる斧を使ったアクションを見せてくれる。
 ウォルター・ヒル&シルヴェスター・スタローンの初顔合わせだけで既に満足だが、話も悪くない。
 昔、懐かしい要素がテンコ盛りで、まさにウォルター・ヒルの世界が全開!
 最後がタイマン勝負って、今時、少年チャンピオンの漫画でもお目にかかれない。
 しかし、21世紀だからこそ新しく感じてしまうのだ。
 画面展開にちょっと控えめな「ストリート・オブ・ファイアー」的なところにこだわりを感じた。
 USBの中身ってコピーできるんじゃないの?とか、携帯で何でも調べられるんじゃなくて、調べてくれる人に電話してるだけじゃない?…等の微妙にツッコミ所もあるのだが、大らかな気持ちが大切だ。
 アクションシーンは極めて地味だが、昨今の映画みたいにスローモーションに頼らないところが良い。
 上映時間約90分。
 むやみやたらと長い映画が多い昨今に、このコンパクトさは貴重だ。
 そういえば、1980年代くらいの二本立て興行ってこんな感じだったよなあ。
 とにかく、新しさは全くといっていいほど何もない。
 これはもう昔ながらの伝統芸を見るような感じで挑むのが正解。
 ウォルター・ヒルにはもっと新作をガンガン作ってほしい。
 いや、マジで。
 
 

人気ブログランキングへ   

« 「監禁探偵」 | トップページ | 「G.I.ジョー バック2リベンジ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/57540005

この記事へのトラックバック一覧です: 「バレット」:

» バレット [だらだら無気力ブログ!]
あの歳であの肉体美は凄いな! [続きを読む]

« 「監禁探偵」 | トップページ | 「G.I.ジョー バック2リベンジ」 »