2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「宇宙戦艦ヤマト2199/第六章 到達!大マゼラン」 | トップページ | 「極道の妻(つま)たち Neo」 »

2013年6月26日 (水)

「二流小説家 シリアリスト」

Searist 「このミステリーがすごい! 2012年版(海外編)」「週刊文春ミステリーベスト10 2011年(海外部門)」「ミステリが読みたい! 2012年版(海外篇)」いずれも第一位を記録した、デイヴィッド・ゴードンのミステリー小説「二流小説家」を映画化。
 当然、自分は未読。
 というか、自分が読んでいるのは「この漫画がすごい!」だけなんで。
 しかし、この雰囲気思い出すのは、「配達されない三通の手紙」で、エラリー・クイーンが原作でかなり盛り上がったのを思い出す。
 当時のハヤカワミステリは、クリスティーとクイーンで盛り上がっていた。
 自分も若気の至りでクリスティー全作品読破しようと試み、今でも部屋には大量のクリスティーの文庫が…(苦笑)
 さらには宇宙英雄ペリー・ローダン・シリーズにも手を出してもう何が何だか。
 1日24時間で、そんなに本を読んでる暇ねえだろ!と思うのだけど、若い時代って意外に読書スピードが速いんだよな、これが。
 やっぱり体力か?

 不本意ながらエロ小説を書いて生活をしている売れない小説家・赤羽のもとに、連続殺人事件で死刑判決を受けたこから、自分の告白本の執筆を頼みたいとの手紙が届く。
 その条件として彼の熱狂的な信者である三人の女性を取材し、自分を主人公とした官能小説を書いてくれれば、告白本の出版を許可するとのこと。
 ここで一発逆転を狙い一流小説家の仲間入りをしたい赤羽だが、取材先で死体を発見!
 それは12年前、呉井が起こしたとされる連続殺人事件とまったく同じ手口の犯行だった…。 
 
 おそらく、小説で凄くても映像化すると凡庸になることがあるが、この映画って小説の評価から考えると、うまくいってないのかもしれない。
 だって、ど~考えても土曜ワイド劇場でも十分っぽいから。
 やっぱり二流小説家が追い込まれていく緊迫感がないと、謎解きにも切羽詰まらない。
 そして思わせぶりの振りが投げっぱなしになっているところもあったりして、そこらへんはミスリードのためとはいえ、もうちょっとうまくまとめて欲しかったかなあ。
 連続殺人犯の呉井のキャラは立っているのでOK!
 やっぱりレクター博士でもそうだけど、悪いことをしている自覚のない犯罪者が一番盛り上がるのだ。
 主演は上川隆也、武田真治。
 監督は猪崎宣昭。
 どちらかというと、「映画秘宝」で特集していた同じ作者の「ミステリガール」の映画化の方が観たいな。
 
 

人気ブログランキングへ   

« 「宇宙戦艦ヤマト2199/第六章 到達!大マゼラン」 | トップページ | 「極道の妻(つま)たち Neo」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/57666199

この記事へのトラックバック一覧です: 「二流小説家 シリアリスト」:

» 二流小説家 シリアリスト [だらだら無気力ブログ!]
うん、普通に面白かった。 [続きを読む]

» 二流小説家 シリアリスト 「必ず貴方もダマされる」・・・ダマされました、はい。 [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=33 うち今年の試写会5】 昨日は仕事で経団連会館に初めて足を踏み入れた。 ここが経営者たちのアジトか〜、すっげー豪勢なつくりでちょっと圧倒されそうや〜(;゚ロ゚) しかし負けるな俺!  ある日、小説家としてぱっとしない赤羽一兵(上川隆也)は、死刑が確定して...... [続きを読む]

» 「二流小説家-シリアリスト-」 長編をコンパクトにまとめてはいる [はらやんの映画徒然草]
このミス(海外編)等で第1位をとったデイヴィッド・ゴードンの小説「二流小説家(原 [続きを読む]

« 「宇宙戦艦ヤマト2199/第六章 到達!大マゼラン」 | トップページ | 「極道の妻(つま)たち Neo」 »