2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「舟を編む」 | トップページ | 「ミクロの決死圏」 »

2013年4月16日 (火)

「宇宙戦艦ヤマト2199/第五章 望郷の銀河間空間」

21995 4月からテレビ放送も始まり、視聴率もそれなりにあって盛り上がりつつある「宇宙戦艦ヤマト2199」。
 第1回目をテレビで見ていると、何ともいえない不思議な気分になってくる。
 気を抜くと自分がまるで、昭和49年に戻ったような感じになってしまう。
 チャンネルを変えると、「フランダースの犬」や「猿の軍団」が放送しているような気がするが、残念ながら放送しているのがTBSなんよね~。
 ここはやっぱり日テレで、TBSは「猿の軍団」のリメイクをして、その後は「日本沈没」のリメイクでもしてくれれば、もっとノスタルジーに浸ることができるのに残念。
 しかし、放送しているのは話の基本設定こそ昔のままだが、最新アニメ技術と、最新SFのネタが満載で、ノスタルジーに浸っている場合ではない。
 むしろ、あの当時に不満だったところは、見事痒いところに手が届いている状態。
 自分が本当に見たかったヤマトはこれであり、少なくとも「さらば」以降の、ヤマト=カッコ悪いという心の傷を消してくれるだけでなく、リアルタイムで知っていることを誇りにできる程だ。
 テレビ放送はしっかり録画し、初見はやっぱ劇場のイベント上映でしょ!
 そんなわけで、イベント上映第5弾。
 TVシリーズで言うところの15話~18話までを一気に上映。
 相変わらず客層はおっさん率高いが、例えキャラクターデザインがアホ毛があって、巨乳で萌えキャラばっかりでも、本質は男汁出まくりなのが、このシリーズだ。
 そして、今回が今までの中で一番面白い!
 ヤマト内部での反乱、デスラーの行方、森雪の秘密、真田さんの過去の話など、これでもかというくらい盛り沢山。
 ビーメラ星の話って、オリジナルでは比較的ど~でもいい話だけど、今回は意味を持たせている。
 SF考証が今風だけど、作品の雰囲気を壊すことはなく、むしろ奥行きを出している。
 戦闘は滅茶苦茶迫力があり、ヤマトの動きがあれだけ巨大艦なのに無茶苦茶スピーディーに動いている。
 反乱の話も前回の伏線をうまく回収した感じで、今回で今までの謎がある程度解決していく。
 真田さんのエピソードは少し泣けたわ~。
 やっぱり理想の上司は、ガンダムならブライトさん、ヤマトなら真田さんで間違いないっしょ。
 やっぱり、これは劇場で観るレベルなので、テレビではちょっともったいない。
 とにかく最初から最後までハイテンション!
 あっと言う間に終わってしまう。
 とりあえず、6月まではTVシリーズで凌いで、8月の最終章まで耐えるよ。
 
 

人気ブログランキングへ   
 

« 「舟を編む」 | トップページ | 「ミクロの決死圏」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/57182258

この記事へのトラックバック一覧です: 「宇宙戦艦ヤマト2199/第五章 望郷の銀河間空間」:

» 宇宙戦艦ヤマト2199/第五章 望郷の銀河間空間 [だらだら無気力ブログ!]
学生時代の新見薫が意外にも可愛い。 [続きを読む]

» 『宇宙戦艦ヤマト2199 第五章/望郷の銀河間空間』(2013) [【徒然なるままに・・・】]
劇場公開版第5弾は第15話「帰還限界点」、16話「未来への選択」、17話「記憶の森から」、18話「昏き光を越えて」の四話分を再構成。 旧作の16話「ビーメラ星地下牢の死刑囚!」、18話「浮かぶ要塞島!たった二人の決死隊!!」、20話「バラン星に太陽が落下する日!!」、21話「ドメル艦隊決死の挑戦状!!」などをベースにしているものの、プロット段階で没になったエピソードなども取り入れたオリジナルの話になっており、シリーズも後半戦に入ってきたためか、序盤から散りばめられた伏線の回収が始まっている。 ... [続きを読む]

» [『ヤマト2199 第五章』追記] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆相変わらず 忙しいのだが、ちょっと書いておく。  ちょうど、先週の日曜のテレビ放送の『ヤマト2199』は、ヤマトが旅立つエピソードで、そこでは、ガミラスの超巨大ミサイルが迫っているのだった。  この、超巨大ミサイルのヴィジュアルたるや、ひとつ間違えれば...... [続きを読む]

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第五章  総監督/出渕 裕 [西京極 紫の館]
【声の出演】  菅生隆之(沖田十三)  小野大輔(古代 進)  桑島法子(森 雪)  大塚芳忠(真田志郎) 【ストーリー】 ガミラスの威力偵察を回避しようとワープアウトしたヤマトの前に、ガミラス大艦隊が現れる。ドメルの策略にはめられたヤマトだったが、かろう...... [続きを読む]

« 「舟を編む」 | トップページ | 「ミクロの決死圏」 »