2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「アニメミライ2013」 | トップページ | 「横道世之介」 »

2013年3月10日 (日)

「映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)」

Doraemon2013 シリーズ33作目。
 新しい声も定着してきたみたいだ。
 今でも文句を言っている人もいるらしいが、こんなの日テレ版のドラえもんの声がいきなり富田耕生から野沢雅子に変わった方が遙かに違和感があったよ。
 今回が、ドラえもんの鈴が謎の怪盗DXに盗まれ、手掛かりを求めて未来のひみつ道具博物館に行く…というもので、今までのシリーズと少し違うのは、絶対的な悪役がいないことと、実はそんなにピンチにならないことかもしれない。
 鈴がなくなったところで、ドラえもんが活動停止するわけでもないし、怪盗DXの存在も微妙と言えば微妙。
 どちらかといえば、TVアニメや原作漫画に漂うユルい展開を楽しむのが正解。
 ドラえもんの秘密道具があれば基本的に万能であり無双なのだが、映画はいかに秘密道具を使わせないようにするか四苦八苦しているようだ。
 さらに言うなら、基本的に原作も終わっているし、メインの秘密道具はすっかり定着した感じがあるので、それをいかにうまく使うかというのにも四苦八苦しているようだ。
 いつの間にか何でもありの設定がいかに何でもありじゃないようにするかが中心となっているようだ。
 その意味では、今回はひみつ道具博物館という道具だらけのところで、いかに道具を使わないかという矛盾したおかしさが出ていて面白い。
 どこでもドアの初期タイプがやたらと大きいというのが妙にリアルだったりする。
 少し残念なのは基本が博物館限定の舞台で、色々な登場人物がそれぞれの目的で動き、最後は一つにまとまる面白さがあるはずなのに、少しもたつき気味なのが残念。
 ゲスト声優は松平健と向井理。
 向井はどこに出てるかと思いきや、向井オサル…って出オチかよ(笑)
 しかし、このネーミングセンスは藤子ワールドなのだ。
 
 

人気ブログランキングへ   


« 「アニメミライ2013」 | トップページ | 「横道世之介」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/56929062

この記事へのトラックバック一覧です: 「映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)」:

« 「アニメミライ2013」 | トップページ | 「横道世之介」 »