2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ひまわりと子犬の7日間」 | トップページ | 「相棒シリーズ X DAY」 »

2013年3月24日 (日)

「シュガー・ラッシュ」

Wreckit_ralph ゲームセンターが閉店すると、ゲームのキャラクターは人間の知らない世界に帰って行く。
 そこは各ゲームのキャラが1日の仕事を終え、仲良く談笑しながら日々の疲れを癒していた。
 ゲームの世界で30年間も悪役を演じてきた大男のラルフは、皆に愛されるヒーローになりたいと思っていた。
 そして、彼はとうとう自分のゲームを飛び出してしまう。
 迷い込んでしまったのは、お菓子の国のレース・ゲームのシュガー・ラッシュ。
 そこで彼は、レーサーを夢見ながらも不良プログラムであるために仲間はずれにされている少女ヴァネロペと出会うのだった。
 一方、ラルフがゲームの掟を破ってしまったために、ゲームの世界は危機に陥りつつあった……。

 権利をクリアし、ゲームのキャラが集結。
 初期の頃から最新のキャラまでが揃う。
 正にゲーム版「ロジャー・ラビット」状態だ。
 いや、もっと言えば「トイ・ストーリー」のゲーム版か。
 ピクサーアニメかと思いきや、ディズニーの3DCGアニメ。
 ピクサーに比べるとイマイチのイメージがあるのだが、その心配は御無用。
 大変面白い!
 「チキンリトル」の時はどうなるかと思っていたディズニーアニメだが、この作品はピクサーの「メリダとおそろしの森」より遙かに面白い!
 徹底したゲームネタも笑えるが、知らなくても十分楽しめる。
 ゲームネタは正におっさんホイホイ状態で、子供よりもその親御さんが楽しめるはず。
 懐かしのゲームに子供時代を思い出すかもしれない。
 しかし、何よりも凄いのがディズニーがとうとう〈萌え〉を理解し取り込んだことだろう。
 今までのディズニーアニメは、女子と動物が同じ扱いだった。
 かわいいの意味が同じだった。
 しかし、女子には動物とは違うものがあり、かわいさという言葉では表現しきれないものがある。
 いわゆる〈萌え〉というやつだ。
 ところが、日本のアニメでは当たり前のことだが、海外のアニメはこれを理解しているとは言えない。
 何しろ、ディズニーアニメは女性の胸の膨らみを表現するのに物凄い時間がかかっているのだ。
 そして胸の谷間の線を入れるのにも時間がかかっている。
 ましてや、日本のアニメで普通にテレビ放送している乳揺れは表現しきれていない。
 しかし、この映画のヴァネロペは萌えを取り込んだかわいさが描かれており、ディズニーもやっとここまで来たかと思うと感無量だ。
 もうこれだけでも十分観る価値はある。
 そして、子供でもわかるが、子供騙しではない話展開!
 笑えるし泣けるしと正に娯楽映画としてはかなり上位クラスだ。
 監督はTVアニメを中心として活躍し、これが長編アニメ映画デビューとなるリッチ・ムーア。
 おそらく、ディズニーとしては新シリーズを見つけた予感。
 続編はマリオの登場希望!
 
 

人気ブログランキングへ   

« 「ひまわりと子犬の7日間」 | トップページ | 「相棒シリーズ X DAY」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/57018165

この記事へのトラックバック一覧です: 「シュガー・ラッシュ」:

« 「ひまわりと子犬の7日間」 | トップページ | 「相棒シリーズ X DAY」 »