2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「劇場版 とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」 | トップページ | 「ジャンゴ 繋がれざる者」 »

2013年3月 2日 (土)

「アンタッチャブルズ」

Anta かつては、カトリーヌ・ドヌーヴやソフィー・マルソー等、出演者で客を呼ぶことができたフランス映画だが、今や名前で集客できるスターはいない。
 無理矢理探すとするならば、ジャン・レノくらいかもしれない。
 そもそも、一般的にはフランス映画=リュック・ベッソン関係の映画という図式が出来上がっており、それはそれである意味ブランドなのだが、やっぱりスターがいてナンボのところがあるのも映画だ。
 久しぶりにフランス映画で大ヒットの「最強のふたり」。
 当然、それに便乗しない手はないわけで、出演者や監督などが少しでも関係していれば、宣伝しやすい。
 そんなわけで、この映画は「最強のふたり」に出演していたオマール・シーが主演というのが最大の売りだ。
 下町の熱血刑事と中央のエリート刑事がパリでコンビを組んで事件解決のために大活躍…って話で、「踊る大捜査線」だけでなく、現場熱血刑事とエリート刑事の組み合わせは世界共通の定番ネタか。
 いやどちらかというと、主演が黒人なので「ビバリーヒルズ・コップ」を思い出させる。
 話展開は、いわゆるフレンチユルユルコメディで、上映時間も90分程度なのでサクッと見ることができて良い。
 監督はダヴィド・シャロン……って誰やねん。
 頑張れば続編もできそうだけど、できたところで日本には入ってこないだろうなあ。
 良くてDVDスルーか。
 
 

人気ブログランキングへ   

« 「劇場版 とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」 | トップページ | 「ジャンゴ 繋がれざる者」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/56868981

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンタッチャブルズ」:

« 「劇場版 とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」 | トップページ | 「ジャンゴ 繋がれざる者」 »