2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「人生、ブラボー!」 | トップページ | 「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」 »

2013年2月20日 (水)

「さまよう獣」

Samayou 工業系の学校は絶対的に女の数が少ないので、生物的に女であればどんな顔でもOKだ。
 もし、通常の空間ではイマイチもてない女性は、そっち方面に行くことをオススメする。
 だからといって女子が多い商業系の学校に行ったからといって、男が誰でももてるわけではないので念のため。
 この映画は正にそんな状況の話だ。

 女が婆さんだけで若い女性がいない田舎の村に現れた美女。
 彼女が現れた理由はわからないが、村の男達が色めきたつのは当たり前のことだった…。

 こ、これは少年漫画から成人漫画までよくありがちな設定ではないか。
 今更?と思ったが、これは永遠のテーマなのに違いない。
 しかし、この手の話を成り立たせるたまえには、絶対的な美人でなくてはならない。
 そんなわけで、この映画のヒロインは「ボウケンジャー」の風のシズカや映画版の「電人ザボーガー」のミス。ボーグでお馴染み山崎真実(B84-W59-H87)。
 さすがにまみヤンなら納得。
 とにかくエロい。
 劇中でつぶやくセリフ「いやらしい体」は、誉め言葉でしかない。
 キャスティング的には大成功。
 あんなわがままなナイスバディーの女性が、やってきたら田舎の村はパニック状態ですよ。
 さらに彼女の謎めいたところが、エロさをヒートアップさせているわけやね。
 ところが、話が思ったより面白くなくて、彼女がやってきた理由もまあありがちといえばありがち。
 監督が「ふゆの獣」の内田伸輝なので、もっと緊張感と緊迫感、さらにエロスの三位一体になるかと期待したら、そんなでもなかった。
 せっかくのまみヤンの無駄遣い。
 ちなみに彼女は裸になるわけでもないので、過剰な期待をすると超肩透かしなので注意!
 

人気ブログランキングへ   


« 「人生、ブラボー!」 | トップページ | 「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/56795170

この記事へのトラックバック一覧です: 「さまよう獣」:

« 「人生、ブラボー!」 | トップページ | 「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」 »