2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「96時間/リベンジ」 | トップページ | 「渾身 KON-SHIN」 »

2013年1月17日 (木)

「ゾンビデオ」

Zomvideo 映画のネタで最も便利な設定、それはゾンビだ。
 話の広がりはあるし、制作費に合わせてアレンジができる。
 ジャンル的にファンがいるので、それなりの収益が見込める。
 自主映画から商業映画まで、ゾンビは使い勝手が良い。
 だからこそ、面白いのとつまらないのとの差が極めて大きいのも特徴だ。
 この映画はタイトル通り、よくわからないけどゾンビが蔓延する世界で、ヒロインが「ゾンビ学入門」というハウツー・ビデオを頼りにゾンビと戦うというもの。
 ゾンビのビデオは数あれど、対応策のビデオはなかったので、そこがある意味斬新かも。
 何がいいかというと、このビデオがあるので、設定を説明しなくてもいいというのが制作者が大助かりなのだ。
 もうネタだけで出オチ感が強いが、ゆる~い展開で進んでいく。
 面白いかどうかと聞かれれば、もうそんなものだとわかって観にいくので、これをハリウッド大作と比べることが野暮というものだ。
 美少女が血だらけになって、バッタバッタとゾンビを倒していくのを楽しむのが正解かも。
 主演は℃-uteの矢島舞美。
 ハロプロ系は昔は好きだったけど、すっかりご無沙汰状態。
 こんな娘もいたんだなと新鮮なものを感じた。
 しかし、何よりも今回のお目当ては鳥居みゆきで、映画に出演している方が遙かに普通で、コントの方が異常に感じるから不思議だ。
 監督亜村上賢司。
 どちらかというと、ゾンビ+ビデオでゾンビデオという言葉が一番それっぽいかも。
 変なカタカナタイトルは定番だし。
 
 

人気ブログランキングへ   


« 「96時間/リベンジ」 | トップページ | 「渾身 KON-SHIN」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/56558108

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゾンビデオ」:

« 「96時間/リベンジ」 | トップページ | 「渾身 KON-SHIN」 »