2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「くそガキの告白」 | トップページ | 「もうひとりのシェイクスピア」 »

2012年12月29日 (土)

「ホビット 思いがけない冒険」

The_hobbitan_unexpected_journey 当初、9部作(12作とも言われていた)スター・ウォーズだが、いつの間にか6部作になり、さらにはディズニーで作られることになってから新作ができるとのこと。
 エピソード4~6は当時の最新技術を駆使することにより、絶対的な不動の地位にいたが、その後、空白の期間があり16年ぶりに新作であるエピソード1が公開されることになる。
 待たされまくってできた新作は嬉しかったが、実際に観てみると何か違和感を感じた。
 それは時代とのズレだ。
 エピソード4~6の時は最先端だった特撮も、CGの発達で何でもできるようになり、新鮮さがなくなってしまったこと。
 さらにはSFのセンスが色々な意味で古くなってしまったこと。
 そして一番気になるアナキン・スカイウォーカーがダース・ヴェイダーになる展開があまりにもつまらない。
 簡単に言えばジョージ・ルーカスのセンスがかなり古くなってしまったということだ。
 何故こんなことを今更考えたかというと、「ホビット 思いがけない冒険」を観たからだ。
 「指輪物語」を映画化した「ロード・オブ・ザ・リング」の60年前の話を描いた「ホビットの冒険」を映画化したもので、魔法使いのガンダルフに協力を求められ、13人のドワーフたちと共に、恐るべきドラゴンのスマウグに奪われたドワーフの王国を奪還する危険な旅に加わっ たホビット族のビルボ・バギンズの冒険物語。
 面白い!
 スター・ウォーズのセンス・オブ・ワンダーが見事に昇華したものになっている。
 もとももときちんと原作があるとはいえ、「ロード・オブ・ザ・リング」に続く前振りもあり、世界観の整合性もきちんとできている。
 ひょっとしてスター・ウォーズはこうあるべきだったのではないか?という答えがきちんと提示されている。
 おそらく、ルーカスはここまで極める力量はないかもしれない。
 完全にピーター・ジャクソンに負けている。
 そう考えるとディズニーに託したのは正解かもしれない。
 だけど、上映時間が長すぎ!
 3時間近くあって、3部作は体力的に辛い。
 2時間前後で5部作くらいにしてほしい。
 ピーター・ジャクソンの映画ってほとんどの映画が3時間近いのだけど、もう少し短くならんかなあ。
 3時間近くで3Dって物凄く疲れるんだよなあ。
 しかし、「ホビット」を観にいって、スター・ウォーズの話が大半って(苦笑)

 

人気ブログランキングへ   

« 「くそガキの告白」 | トップページ | 「もうひとりのシェイクスピア」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/56289179

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホビット 思いがけない冒険」:

» ホビット 思いがけない冒険 (試写会) [風に吹かれて]
とんでもない冒険の旅に出ちゃいました [E:run]公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitpart112月14日公開上映時間2時間50分原作: ホビッ [続きを読む]

» ホビット 思いがけない冒険 [だらだら無気力ブログ!]
続きの上映が待ち遠しいな。 [続きを読む]

« 「くそガキの告白」 | トップページ | 「もうひとりのシェイクスピア」 »