2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「仮面ライダー×仮面ライダーウィザード&フォーゼMOVIE大戦アルティメイタム」 | トップページ | 「テイク・ディス・ワルツ」 »

2012年12月17日 (月)

「フランケンウィニー」

Frankenweenie 事故死した愛犬を蘇らせることによる大騒動を描いた白黒3Dアニメ。
 監督のティム・バートン監督が1984年の同名短編フィルムをリメイクしたらしい。
 そんな映画があったことさえも知らなかったが、いずれにしろ間違いなくティム・バートン印の映画であることは間違いなし。
 キャラクターはきもいし、話はグロいし、完全に彼の趣味丸出しの映画である。
 ひょっとして、彼は大作映画でとりあえず信用を勝ち取り、時々自分の好きな映画を作っているのではないかと思ってしまう。
 そして明らかにこっちがメインっぽい。
 この映画も明らかに一般受けはしそうもない。
 特に日本人からしたら、「空手バカ一代」くらい萌えの要素がないし、話もユニヴァーサル映画「フランケンシュタイン」をモチーフにしているが、その元ネタを知っている人が今やどれだけいるのか。
 しかし、見てみると面白いから困ってしまう。
 特に犬の動きが絶対的にかわいい。
 見た目はキモいけど。
 声の出演もマーティン・ランドーとか大事なところで徹底しているのが良い。
 しかし、残念なことに3Dの効果は全く出ていない。
 むしろ、白黒画面に3Dグラスをかけると、暗くなって見辛い。
 ディズニー映画なのに、もっともディズニーらしくない。
 劇場で犬の人形を見て子供たちが口々に「怖い」とか言っていた。
 彼らがティム・バートンの映画を理解するのはまだまだ時間はかかるだろうなあ。
 「腐乱犬ウィニー」といういかにもなタイトルにならなくて良かった。
 
 

人気ブログランキングへ   

« 「仮面ライダー×仮面ライダーウィザード&フォーゼMOVIE大戦アルティメイタム」 | トップページ | 「テイク・ディス・ワルツ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/56334102

この記事へのトラックバック一覧です: 「フランケンウィニー」:

« 「仮面ライダー×仮面ライダーウィザード&フォーゼMOVIE大戦アルティメイタム」 | トップページ | 「テイク・ディス・ワルツ」 »