2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「北のカナリアたち」 | トップページ | 「ゲットバック」 »

2012年11月14日 (水)

「悪の教典」

Akuno 日本映画の残念なところは徹底さが足りないところだろう。
 何をするにしても、よくやって腹八分程度が多い。
 だけど、面白い映画は徹底してやりすぎる位やっている。
 普通、ここまでやらんよなあというところまでやる位が丁度良い。
 だから悪い奴は徹底して悪い方が良い。
 良心の呵責を感じている奴はまだまだ小物だ。
 その証拠にハンニバル・レクター博士は自分が悪いことをしている自覚が全くない。
 人さえ食べなければ良い人なのだ。
 そんなわけで、「悪の教典」に出てくる先生は、レクター博士と同じカテゴリーに入るのかもしれない。
 人さえ殺さなければ良い先生だからだ。
 頭脳明晰でイケメン、生徒だけでなく、同僚やPTAからも信頼の厚い高校教師、蓮実聖司。
 生徒からハスミンの愛称で呼ばれる彼だが、実は反社会性人格障害で、迷いもなく殺人をやらかす男だった。
 そんな彼だったが、正体がばれそうになったので証拠隠滅のため、文化祭 の準備で学校に居残る生徒全員の殺害を実行しようとする。
 面白い!!
 前半の良い先生なのに、実は悪の片鱗が見え隠れしているのが、じわじわと怖いものを感じさせる。
 そして後半の一気に迷いもない殺戮には、あまりにも潔いために痛快さを覚える程だ。
 日本映画でここまで徹底しているのは珍しい。
 監督が三池三池崇史なので、当然かもしれない。
 しかし、何よりも主演の伊藤英明がハマリ役。
 表と裏のある教師をきっちり演じている。
 「海猿」で多くの人を救出しているのに、この映画では多くの人を殺しているというギャップも良い。
 共演に山田孝之がいるのだけど、今なら普通に考えたら彼が主演でもいいのだが、残念なことに今の山田君はさわやかというより、胡散臭いのが目立つのでダメかもしれない。
 とはいいながらも、爽やかな山田君よりダーティな感じの山田君の方が自分は好きだ。
 続編があるっぽい終わり方もシャレが利いている。
 正にエクセレントだね!!
 
 

人気ブログランキングへ   


« 「北のカナリアたち」 | トップページ | 「ゲットバック」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/56109004

この記事へのトラックバック一覧です: 「悪の教典」:

« 「北のカナリアたち」 | トップページ | 「ゲットバック」 »